Recent changes RSS feed

古本説話集

第11話 季縄少将の事

季縄少将事

季縄少将の事

校訂本文

今は昔、季縄(すゑなを)の少将1)といふ人ありけり。

大井に住みけるころ、御門2)の仰せられける、「花おもしろくなりなば、かならず御覧ぜん」と。仰せられけれど、思し忘れて、おはしまさざりければ、少将、

  散りぬればくやしきものを大井川岸の山吹今さかりなり

この季縄、病ひつきて、少しおこたりて、内裏(うち)に参りたりけり。公忠の弁3)、掃部の助にて、蔵人なりけるころの事なり。「みだり心地、いまだよくもおこたり侍らねども、心もとなくて参り侍りつる。後は知らねど、かくまで侍ること。明後日(あさて)ばかり、また参り侍らん。よき様に申させ給へ」とて、まかり出でぬ。

三日ばかりありて、少将がもとより

  くやしくぞ後に会はむと契りける今日を限りといはましものを

さて、その日失せにけりとぞ。あはれなることのさまなり。

翻刻

いまはむかしすゑなをの少将といふひとありけり
おほゐにすみけるころみかとのおほせられけ
るはなおもしろくなりなはかならす御らむせ/b51 e25
んとおほせられけれとおほしわすれておはし
まささりけれは少将
  ちりぬれはくやしきものをおほゐかは
  きしの山吹いまさかりなり
このすゑなを病つきてすこしをこたりて
うちにまいりたりけり公忠の弁かもむのすけ
にて蔵人なりけるころの事也みたり心地いまた
よくもおこたり侍らねとも心もとなくてまいり侍
つるのちはしらねとかくまて侍事あさてはかり又
まいり侍らんよき様に申させ給へとてまかりいて/b52 e26
ぬ三日はかりありて少将かもとより
  くやしくそのちにあはむとちきりける
  けふをかきりといはましものを
さてそのひうせにけりとそあはれなる事のさま
なり/b53 e26

様=

1)
藤原季縄
2)
醍醐天皇。ただし、三条西家旧蔵伝為氏筆本『大和物語』100段では、「亭子の御門」となっており宇多天皇(上皇)。
3)
源公忠
text/kohon/kohon011.txt · 最終更新: 2017/08/20 13:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa