Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻28第23話 三条中納言食水飯語 第廿三

今昔、三条の中納言と云ける人有けり。名をば朝成とぞ云ける。三条の右大臣と申ける人の御子也。身の才賢かりければ、唐の事も此の朝の事も皆吉く知て、思量り有り、肝太くして、押柄になむ有ける。亦、笙を吹く事なむ、極たる上手也ける。亦、身の徳なども有ければ、家の内も豊なりけり。

長高くして、太りに太りてなむ有ければ、太りの責て苦しきまで肥たりければ、医師和気の重秀を呼て、「此く太るをば何がせむと為る。起居など為るが、身の重くて極く苦しき也」と宣ければ、重秀が申ける様、「冬は湯漬、夏は水漬にて、御飯を食ふべき也」と。1)

其の時、六月許の事なれば、中納言、重秀を、「然は暫く居たれ。水飯食て見せむ」と宣ければ、重秀、宣ふに随て候けるに、中納言、侍を召せば、侍一人出来たり。中納言、「例食ふ様にして、水飯持来(もてこ)」と宣へば、侍立ぬ。暫許(とばかり)有て、御台片□を持参て御前に居へつ。台には箸の台二許を居へたり。次(つづ)きて侍、盤(ばん)を捧て持来る。□□の侍、台に居うるを見れば、中の甕に白き干瓜の三寸許なる切らずして十許盛たり。亦、中の甕に鮨鮎の大きに広らかなるを、尾頭許を押て、卅許盛たり。大きなる鋺(かなまり)を具したり。皆台に居へつ。亦、一人、大きなる銀の提(ひさげ)に、大きなる銀の匙(かひ)を立て、重気に持て前に居(すゑ)たり。

然れば、中納言、鋺を取て侍に給て、「此れに盛れ」と宣へば、侍、匙に飯を救(すくひ)つつ、高やかに盛上て、喬(そば)に水を少し入れて奉たれば、中納言、台を引よせて、鋺を持上(もたげ)給たるに、然許大きなる手に取納へる2)に、「大きなる鋺かな」と見ゆるに、気(け)しくは非ぬ程なるべし。

先づ、干瓜を三切許に食切て、三つ許食つ。次に、鮨鮎を二切許に食切て、五つ六つ許安らかに食つ。次に、水飯を引き寄せて、「二度許箸廻し給ふ」と見る程に、飯失ぬれば、「亦盛れ」とて、鋺を指遣り給ふ。

其の時に、重秀、「水飯を役と食とも、此の定にだに食さば、更に御太り止まるべきに非ず」と云て、逃て去て、後に人に語てなむ咲ける。

去れば、此の中納言、弥よ太りて、相撲人の様にてぞ有けるとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「此の下脱文アラン。宇治拾遺ヲ見ヨ」第94話(巻7・第3話)三条中納言、水飯の事
2)
底本頭注「取納ハ取給ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku28-23.txt · 最終更新: 2015/02/17 01:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa