Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第94話(巻7・第3話)三条中納言、水飯の事

三条中納言水飯事

三条中納言、水飯の事

これも今はむかし、三条中納言といふ人ありけり。三条右大臣の御子なり。才かしこくて、もろこしの事、この世の事、みなしり給へり。心ばへかしこく、きもふとく、をしからだちてなんおはしける。笙のふえをなん、きはめて吹給ける。長たかく大にふとりてなんおはしける。

ふとりのあまり、せめてくるしきまで肥給ければ、くすししげひでをよびて、「かくいみじうふとるをば、いかがせんとする。立居などするが、身のをもくいみじうくるしきなり」との給ば、重秀申やう、「冬は湯づけ、夏は水漬にて物をめすべきなり」と申けり。

そのままにめしけれど、おなじやうにこへふとり給ければ、せんかたなくて、又重秀をめして、「いひしままにすれど、そのしるしもなし。水飯食てみせん」との給て、おのこどもめすに、さぶらひ一人まいりたれば、「例のやうに水飯してもてこ」といはれければ、しばし斗ありて、御台もてまいるをみれば、御だい、かたよろひもてきて御前にすへつ。御だいに箸のだいばかりすへたり。

つづきて御盤ささげてまいる。御まかないの台にすふるをみれば、中の御盤に、しろき干瓜三寸ばかりに切て、十斗もりたり。又、すしあゆのおせくぐにひろらかなるが、しりかしらばかりををして、卅斗もりたり。

大なるかなまりをぐしたり。みな御台にすへたり。いま一人の侍、大なる銀の提に銀のかいをたてて、をもたげにもてまいりたり。

金鞠を給たれば、かいに御ものをすくひつつ、高やかにもりあげて、そばに水をすこし入てまいらせたり。殿、だいをひきよせ給て、かなまりをとらせ給へるに、さばかり大におはする殿の御手に、「大なるかなまりかな」とみゆるは、けしうはあらぬほどなるべし。

ほしうりを三きり斗くひきりて、五六ばかりまいりぬ。次に鮎を二きり斗に食切て、五六斗やすらかにまいりぬ。次に水飯を引よせて、二たび斗はしをまはし給ふとみる程に、おものみなうせぬ。「又」とて、さし給はす。

さて二三度にひさげの物みなになれば、又、提に入てもてまいる。重秀これをみて、「水飯をやくとめすとも、このぢやうにめさば、さらに御ふとりなをるべきにあらず」とて、逃ていにけり。

されば、いよいよ相撲などのやうにてぞおはしける。

text/yomeiuji/uji094.txt · 最終更新: 2015/03/22 03:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa