Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻11第16話 代々天皇造大安寺所々語 第十六

今昔、聖徳太子、熊凝の村に寺を造給ふ。造畢給はざる間に、太子失給ぬれば、即ち推古天皇、此の寺を造り給ふ。凡そ、推古天皇より始て、聖武天皇に至まで、九代の天皇、受け伝へつつ造給へる寺也。

欽明天皇の御代に、百済河の辺に広き地を撰て、彼の熊凝の寺を移し造給ふ。是を百済大寺と云ふ。其の寺造る間、行事官有て、傍なる神の社の木を此の寺の料に多く伐り用たりければ、神、嗔て火を放て寺を焼つ。天皇、大きに恐れ給ふと云へども、寺を営み造つ。

亦、天智天皇の御代に、丈六の釈迦の像を造て、心に祈願ひ給へる夜の暁に、夢の中に三人の□□□□□□□□□□1)、妙なる花を以て仏に供養して、敬ひ讃る□□□□□□□□□□□□□□2)、「此の仏は霊山の実の仏と異らずして、形ち少も違ひ給はず。此の国の人、心を至して崇め奉れ」と云て空に昇ぬ、と見て夢覚めぬ。開眼供養の日、紫雲空に満て、妙なる音楽天に聞ゆ。

亦、天武天皇の御代に、高市の郡に地を撰て、此の寺を改め移し造る。是を大官大寺と云ふ。天皇、亦塔を起給ふ。亦、天皇、「古き釈迦の丈六の像を移し造奉らむ」と思ふ願を発て、「吉き工を得しめ給へ」と祈給ふ夜の暁に、夢の中に一人の僧来て、天皇に申て云く、「前に此の仏を造奉りし者は化人也。亦来難かりなむ。吉き工と云へども、猶し刀の錯(あやまり)無きに非ず。吉き絵師と云へども、丹の色に必ず咎有り。然れば、只此の仏の御前に、大なる鏡を懸て、影を移して礼奉るべし。造にも非ず、書にも非ずして、自然ら三身を備ふべし。形を見れば、応身なり。影を浮れば報身也。虚を智(さと)れば法身也。功徳勝る事、是には過ぎじ。」と云と見て夢覚ぬ。天皇、驚き喜び給て、夢の如くに、一の大なる鏡を仏の御前に懸て、五百人の僧を堂の内に請じて、大きに法会を儲て供養し給けり。

亦、元明天皇の御代に、和銅三年と云ふ年、此の寺を移して、奈良の京に造らる。聖武天皇、受伝へて造られむと為る間、道慈と云ふ僧有り。心に智有て、世に重く貴ばる。先に大宝元年と云ふ年、法を伝へむが為に震旦に渡て、養老二年と云ふ年返来て、天皇に奏して云く、「我れ、唐に渡し時、心の内に『帰朝して大きなる寺を造らむ』と思ひき。是に依て、西明寺の造れる様を移し取て来れる也」と。天皇、是を聞食て、喜て、「我が願の満ぬる也」と宣て、天平元年と云ふ年、道慈に仰て、此の寺を改め造らしめ給ふ。即ち、道慈に付けられぬ。

中天竺、舎衛国の祇園精舎3)は兜率天の宮を学び造れり。震旦の西明寺は祇園精舎4)を移し造れり。本朝の大安寺は西明寺を移せる也。十四年の間に造畢て、大に法会を儲て供養し給ふ。天平七年5)と云ふ年、大官大寺を改めて、大安寺と云ふ也。

亦、□□□□□□□□□□□□□□□□□寺6)寺の始め焼し事は、高市の郡の子部の□□□□□□□□□□□7)用るに依て也。彼の神は雷神として、嗔の心火を出せる也。其の後、九代の天皇、所々に造り移し給ふに、其の費多し。然れば、神の心を喜ばしめて、寺を□今8)

天皇位に即給ひにけり。其の次にぞ、女帝持統天皇は位に即給ける。

高市の郡□□と云ふ所に寺を起て、此の薬師の像を安置し給ひつ。其の後、奈良の都の時、元明天皇と申す女帝、西京の六条□坊、今の薬師寺の所には移し造給へる也。其の天皇の御師と云ふ僧有て、定に入て龍宮に行て、其の龍宮の造の様を見て、天皇に申し行て□□□□□□□□□□□□□□于今仏法盛也。□□□亦、此寺の薬師仏、□□□□□□□□□□□受たる人、此の寺に参て祈請ふに、其の利益蒙らずと云ふ事無し。専に崇奉るべき仏に在ます。

其の寺の内には、止事無き僧なれども、入る事無し。只、堂童子とて俗なむ入て、仏供灯明奉る。止事無と語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「三人ノ云々同書(三宝絵詞)二人ノ天女来テ此ノ像ヲオガミ奉ルニ作ル三人ハ二人ノ誤カ」
2)
底本頭注「讃ルノ下同書(三宝絵詞)ヰヤマヒホメタテマツル事ヤヤ久シ御門ニカタラヒ奉テ云クニ作ル」
3) , 4)
「園」底本異体字。「薗」
5)
底本頭注「七年同書(三宝絵詞)十七年ニ作ル本文誤カ」
6)
底本頭注「亦ノ下同書(三宝絵詞)道慈律師ノ云ク此ノ八字アリ」
7)
底本頭注「子部ノノ下同書(三宝絵詞)明神ノ社ノ木ヲキレルニヨリテ也ニ作ル」
8)
底本頭注「寺ヲノ下闕文以下別条ノ錯乱竄入セルナラム」。この説話の内容はここで終っている。底本は続くが、諸注釈書は巻11第17話 天智天皇造薬師寺語 第十七の内容とみる。
text/k_konjaku/k_konjaku11-16.txt · 最終更新: 2015/05/26 01:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa