Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻1第7話 菩薩於樹下成道語 第七

今昔、天魔、種々の方便を儲(もうけ)て、菩薩1)の成道を妨げ奉らむと為と云へども、菩薩、芥子(あくた)許も犯され給ふ事無し。慈悲の力を以て、端正の天女の形をも破り、刀釼の謀をも遁て2)、二月七日の夜を以て、此の如き魔を降伏し畢て、大に光明を放て、定に入て、真諦を思惟し給ふ。

又、中夜に至て、天眼を得給つ。又、第三夜に至て、無明を破し、智恵の光を得給て、永く煩悩を断じて、一切種智を成じ給ふ。此より「釈迦」と称し奉る。

釈迦牟尼如来、黙然として坐し給へり。其の時に、大梵天王来て、「一切衆生の為に法を説給へ」と申し給ふ。仏眼を以て、諸の衆生を上中下根及び、菩薩の上中下根を観じ給ふに、二七日を経たり。

世尊3)、又思はく、「我れ、甘露の法門を開て、彼の阿羅邏仙を先づ度せむ」と。空に音有て云く、「阿羅邏仙は昨日の夜、命終にき」と。仏4)の宣はく、「我れ、彼の仙、昨日の夜、命終たりと知れり」と。又思はく、「迦蘭仙、利根明了也。先づ彼を度すべし」と。又、空に音有て、「迦蘭仙、昨日の夜、命終にき」と。仏の宣はく、「迦蘭仙、昨日の夜、命終たり」と宣けりとなむ、語り伝へたるとや。

1) , 3) , 4)
釈迦
2)
前話参照。
text/k_konjaku/k_konjaku1-7.txt · 最終更新: 2016/04/06 15:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa