Recent changes RSS feed

発心集

第四第6話(43) 玄賓、念を亜相の室に係くる事 不浄観の事

校訂本文

昔、玄賓僧都1)、いみじう貴き人なれば、高きも賤しきも、仏のごとく思へりける中に、大納言なる人なん、年ごろことにあひ頼み給ひたりける。

かかる間に、僧都、そこはかとなく悩みて、日ごろになりぬ。大納言、おぼつかなさのあまりに、みづから渡り給ひて、「さても、いかなる御心地にか」なんど、細やかにとぶらひ給ふを、「近く寄り給へ。申し侍らん」とあれば、あやしくて、さし寄り給へるに、忍びて聞こゆ。「まことには、ことなる病にも侍らず。一日、殿の御もとへ詣でたりしに、北の方の形、いとめでたくて見え給へりしを、ほのかに見奉りて後、もの思えず心まどひ胸ふたがりて、いかにもものの言はれ侍らぬなり。このこと、申すにつけてはばかりあれど、深く頼み奉りて久しくなりぬ。いかでかは隔て奉らんと思てなん」と聞こゆ。

大納言、驚きて、「さらば、などかはとくはのたまはざりし。いと安きことなり。すみやかに御悩みをやめてん。渡り給へ。いかにも、のたまはんままに、便りよくはからひ侍らん」とて、帰り給ぬ。

うへに、「かく」と聞こえ給ふに、「さらなり。なのめに仰せられんやは。いとあさましく心憂けれど、かくねんごろに思しはからふことなれば、いなび給はじ」2)。その用意して、僧都のかなひせさせ給へるに、いとことうるはしく、法服正しくして来たり給へり。あやしく、げにげにしからずは思ゆれど、間なんど立てて、さるやうなる方に入れ奉らせ給ふ。

上(うへ)のうつくしう、とりつくろひて居給へるを、一時ばかり、つくつくとまぼりて、弾指をぞたびたびしける。かくて、近く寄ることなくて、中門の廊に出でて、物をなんかづきて帰りにければ、主、いよいよ貴み給ふことかぎりなかりけり。不浄を観じて、その執をひるがへすなるべし。

かくいふは、人の身の穢らはしきことを思ひとくなり。もろもろの法、みな、仏の御教へなれど、聞き遠きことは、愚かなる心にはおこらず。この観に至りては、目に見え、心に知れり。悟りやすく、思ひやすし。「もし、人のためにも愛着し、みづからも心あらん時は、必ずこの相を思ふべし」と言へり。

おほかた、人の身は、骨・肉(しし)のあやつり、朽ちたる家のごとし。六腑五臓のありさま、毒蛇のわだかまるにことならず。血は体をうるほし、筋、継ぎ目をひかへたり。わづかに薄き皮一重、覆へるゆゑに、このもろもろの不浄を隠せり。粉(おしろい)を施し、たき物を移せど、誰かは偽はれる飾りと知らざる。

海に求め、山に得たる味(あじは)ひも、一夜経(へ)ぬれば、ことごとく不浄となりぬ。いはば、描ける瓶(かめ)に糞穢を入れ、腐りたる屍(かばね)に錦をまとへるがごとし。もし、たとひ大海を傾けて洗ふとも、浄まるべからず。もし、栴檀を焚きて匂はすとも、久しく香ばしからじ。

いはんや、魂去り、寿(いのち)尽きぬる後は、むなしく塚のほとりに捨つべし。身膨れ、腐り、乱れて、つひに白き屍(かばね)となり、真(まこと)の相を知るゆゑに、念々に是を厭ひ、「愚かなる者は、仮の色にふけりて、心をまどはすこと、たとへば、厠(かうや)の中の虫の、糞穢を愛するがごとし」と言へり。

翻刻

  玄賓係念亜相室事 不浄観事
昔玄賓僧都イミジウタウトキ人ナレバ高キモ賤モ
仏ノ如ク思ヘリケル中ニ。大納言ナル人ナン。年比コトニ
相憑ミ給タリケル。カカル間ニ僧都ソコハカトナクナヤ
ミテ。日比ニナリヌ。大納言覚束ナサノアマリニ。自ラ渡
給テ。サテモイカナル御心地ニカナント。コマヤカニトフラ/n12r
ヒ給ヲ。近クヨリ給ヘ申侍ラントアレバ。アヤシクテサシヨリ
給ヘルニ。忍テキコユ誠ニハコトナル病ニモ侍ラズ。一日殿ノ
御モトヘマウデタリシニ。北方ノ形イト目出テ見ヘ給ヘリ
シヲ。ホノカニ見タテマツリテ後物覚ヘズ心マトヒムネフ
タカリテイカニモ物ノ云レ侍ラヌ也。此事申ニツケテ憚
アレド深ク憑奉リテ久ナリヌ。イカデカハ隔奉ラン
ト思テナントキコユ。大納言ヲドロキテ。サラバナドカ
ハ。トクハノ給ハザリシ。イト安キ事也速ニ御ナヤミヲ
ヤメテン。ワタリ給ヘイカニモノ給ハンママニ便ヨクハカラ
ヒ侍ラントテ帰リ給ヌ。ウヘニ。カクトキコヘ給フニ。サラナ/n13l
リ。ナノメニ仰ラレンヤハ。イトアサマシク心ウケレト。カク
懇ニ覚シハカラフ事ナレバ。イナヒ給ンソノ用意シテ
僧都ノカナヒセサセ給ヘルニ。イト事ウルハシク法服タ
タシクシテ来リ給ヘリ。アヤシクゲニゲニシカラズハ覚
ユレド間ナンド立テテサルヤウナル方ニ入レ奉セ給
フ。ウヘノウツクシフトリツクロヰテ居給ヘルヲ一時バ
カリツクツクトマボリテ弾指ヲゾ度々シケル。カクテ
近クヨル事ナクテ。中門ノ廊ニ出テ物ヲナンカヅキテ
帰リニケレバ。主弥タウトミ給事限リナカリケリ。不
浄ヲ観ジテ其執ヲヒルガヘスナルベシ。カク云ハ人ノ身/n14r
ノケカラハシキ事ヲ思トクナリ。諸ノ法ミナ仏ノ御
ヲシヘナレド。キキドヲキ事ハヲロカナル心ニハヲコラス。此
観ニ至リテハ。目ニ見ヘ心ニシレリサトリヤスク思ヤスシ
若人ノ為ニモ愛着シ自ラモ心アラン時ハ必ス此相ヲ
思ベシト云リ。大方人ノ身ハホネシシノアヤツリ朽タル家
ノ如シ。六府五蔵ノアリサマ毒蛇ノワダカマルニコトナ
ラズ血ハ体ヲウルホシ。筋次目ヲヒカヘタリ。ワヅカニウス
キ皮ヒトヘヲホヘル故ニ。此諸ノ不浄ヲカクセリ。粉ヲ
施シ。タキ物ヲウツセド誰カハ偽ルカザリトシラザル。
海ニ求メ山ニヱタル味モ一夜ヘヌレハ悉ク不浄トナリ/n14l
ヌ。イハバヱカケルカメニ糞穢ヲ入。クサリタルカバネニ錦
ヲマトヘルカ如シ。若タトヒ大海ヲ傾テアラフ共キヨマ
ルベカラズ。若栴檀ヲタキテニホハストモ。久クカウバシ
カラジ。況ヤタマシヒ去寿尽ヌル後ハ空クツカノホトリニ
捨ツベシ。身フクレクサリ乱レテ終ニ白キカバネトナリ
真ノ相ヲ知故ニ念々ニ是ヲ厭ヒ愚ナル者ハ。カリノ
色ニフケリテ心ヲマドハス事タトヘバ。カウヤノ中ノ虫ノ
糞穢ヲ愛スルガ如シト云ヘリ/n15r
2)
「いなび給はじ」は底本「イナヒ給ン」。諸本により訂正。
text/hosshinju/h_hosshinju4-06.txt · 最終更新: 2017/05/20 22:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa