Recent changes RSS feed

発心集

第一第1話(1) 玄敏僧都、遁世逐電の事

校訂本文

昔、玄敏僧都1)といふ人ありけり。山階寺のやむごとなき智者なりけれど、世を厭ふ心深くして、さらに寺の交りを好ままず。三輪川のほとりに、わづかなる草の庵を結びてなむ、思ひつつ住みけり。

桓武の御門の御時、このこと、聞こしめして、あながちに召し出だしければ、遁(のが)るべき方なくて、なまじひに参りにけり。

されども、なほ本意ならず思ひけるにや、奈良の御門の御世に、大僧都になし給ひけるを、「辞し申す」とて詠める。

  三輪川の清き流れにすすぎてし衣の袖をまたはけがさじ

とてなむ、奉りける。

かかるほどに、弟子にも使はる人にも知られずして、いづちともなく失せにけり。さるべき所に尋ね求むれど、さらになし。いふかひなくて、日ごろ経にけれど、かのあたりの人はいはず、すべて、世の歎きにてぞありける。

そののち、年ごろ経て、弟子なりける人、ことの便りありて、越(こし)の方へ行きける道に、ある所に、大きなる川あり。渡し舟、待ち得て乗りたるほどに、この渡し守を見れば、頭はおつつかみといふほど生ひたる法師の、汚なげなる麻の衣着たるにてなむありけり。

「あやしの様や」と見るほどに、さすがに見なれたるやうに思ゆるを、「誰かはこれに似たる」と思ひめぐらすほどに、失せて年ごろになりぬるわが師の僧都に見なしつ。「僻目(ひがめ)か」と見れど、つゆ違ふべくもあらず。いと悲しうて、涙のこぼるるを押さへつつ、さりげなくもてなしける。

かれも見知れる気色ながら、ことさら目見あはず。走り寄りて、「いかでか、かくては」とも言ひまほしけれど、いたく人しげければ、「なかなかあやしかりぬべし。上りざまに、夜など、居給へらむ所に尋ね行きて、のどかに聞こへむ」とて、過ぎにけり。

かくて、帰るさに、その渡りに至りて見れば、あらぬ渡し守なり。まづ、目暗れ、胸ふたがりて、細かに尋ぬれば、「さる法師侍り。年ごろ、この渡し守にて侍りしを、さやうの下臈ともなく、常に心を澄まして、念仏をのみ申して、かずかずに船賃取ることもなくして、ただ今うち食ふ物などの外の物をむさぶる心もなく侍りしかば、このの郷の人も、いみじういとほしうし侍りしほどに、いかなることかありけむ、過ぎぬるころ、掻き消つやうに失せて、行方も知らず」と語るに、悔しくわりなく思えて、その月日を数ふれば、わが見あひたる時にぞありける。「身の有様を知られぬ」とて、また去りにけるなるべし。

このことは、物語にも書きて侍るとなむ。人のほのぼの語りしばかりを書きけるなり。

また、古今の歌に、

  山田もる僧都の身こそあはれなれ秋はてぬれば問ふ人もなし

これも、かの玄敏の歌と申し侍り。雲・風のごとく、さすらへ行きければ、田など守る時もありけるにこそ。

近ごろ、三井寺の道顕僧都と聞こゆる人侍りき。かの物語を見て、涙を流しつつ、「渡し守こそ、げに罪なくて、世を渡る道なりける」とて、湖2)の方に舟を一まうけられたりけるとかや。

そのこと、あらましばかりにて、むなしく石山の河岸に朽ちにけれども、こひ願ふ心ざしは、なほありがたくぞ侍りし。

翻刻

発心集第一
  玄敏僧都遁世逐電事
昔玄敏僧都ト云人有ケリ。山階寺ノヤムコトナキ
智者也ケレド。世ヲ猒心深シテ。更ニ寺ノ交ヲコノマズ。
三輪河ノホトリニ僅ナル草ノ菴ヲ結テナム思ツツ住
ケリ。桓武御門ノ御時此事聞食テ強ニ食出ケレバ
遁ヘキ方ナクテナマシヰニ参ニケリ。サレドモ猶本意ナ
ラス思ケルニヤ。奈良ノ御門ノ御世ニ大僧都ニ成給
ケルヲ辞シ申トテヨメル
  三輪川ノキヨキ流レニススキテシ衣ノ袖ヲ又ハケカサシ/n5l
トテナム奉ケル。カカル程ニ第子ニモツカハル人ニモ知ラレスシテ
何チトモナク失ニケリ。サルベキ所ニ尋求ムレド更ニナシ。云
カヰ無テ日比ヘニケレド彼ノアタリノ人ハイハズ。都テ
世ノナゲキニテゾ有ケル其後年来経テ第子ナリケル
人事ノ便アリテ。コシノ方ヘ行ケル道ニ或所ニ大ナル
河アリ。渡舟待得テ乗タルホトニ此渡守ヲ見レバ。頭ハヲツ
ツカミト云程ヲヰタル法師ノキタナゲナル麻ノ衣キ
タルニテナム有ケリ。アヤシノ様ヤト見ル程ニ。サスガニ
見ナレタル様ニ覚ユルヲ。誰カハ此ニ似タルト思メクラス
程ニ。失テ年来ニ成ヌル我師ノ僧都ニ見成ツ。/n6r
ヒガメカト見レド露タカフベクモ非ス。イト悲テ涙ノコホ
ルルヲ押ツツサリケ無モテナシケル。彼モ見シレル気色ナ
カラ殊サラ目ミアワズ。走ヨリテ何デカカクテハトモ云マホ
シケレド。イタク人シケケレバ中々アヤシカリヌヘシ。上サマニ
夜ナド居給ラム所ニ尋行テノドカニ聞ヘムトテ過ニケリ。
カクテ帰サニ其渡ニ至テ見レバ。アラヌ渡守也先目
クレムネフタガリテコマカニ尋レバサル法師侍リ年来
此渡守ニテ侍リシヲ。サヤウノ下臈トモナク常ニ心ヲ
スマシテ念仏ヲノミ申テカスカスニ船チン取事モ無シテ。
只今ウチ食物ナドノ外ノ物ヲムサブル心モ無ク侍/n6l
シカバ。此ノ郷ノ人モイミジフイトヲシフシ侍ヘリシ程ニ。何ナル事カ
有ケム過ヌル比カキケツ様ニ失テ行方モ知ラスト語ルニ。
クヤシクワリナク覚ヘテ其月日ヲカソフレバ我見相タル時ニゾ
アリケル。身ノ有様ヲシラレヌトテ又サリニケルナルベシ
此事ハ物語ニモ書テ侍ルトナム人ノホノホノ語シハカリヲ
書ケルナリ又古今歌ニ
  山田モル僧都ノ身コソ哀レナレ秋ハテヌレハ問人モナシ
此モ彼玄敏ノ哥ト申侍ヘリ。雲風ノ如クサスラヘ
行ケレバ田ナト守ル時モ有ケルニコソ。近比三井寺ノ
道顕僧都トキコユル人侍ベリキ。彼物語ヲ見テ涙ヲ/n7r
流ツツ渡守コソゲニ罪ナクテ世ヲ渡ル道ナリケルトテ。
水海ノ方ニ舟ヲ一マウケラレタリケルトカヤ。其事アラ
マシバカリニテ空ク石山ノ河岸ニクチニケレドモ乞願
心サシハ猶アリガタクソ侍シ/n7l
1)
「玄賓」と表記することが多い。
2)
琵琶湖
text/hosshinju/h_hosshinju1-01.txt · 最終更新: 2017/03/16 23:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa