ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju722

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

722 唐土に北叟といふ翁ありけり賢く強き馬をなん持ちたりける・・・

校訂本文

唐土(もろこし)に北叟といふ翁ありけり。賢く強き馬をなん持ちたりける。これを人にも貸し、われも使ひつつ世を渡る頼りにしけるほどに、この馬いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、「いかばかり歎くらん」と思ひて、とぶらひければ「悔いず」とばかり言ひて、つゆも歎かざりけり。

「怪し」と思ふほどに、この馬、同じさまなる馬をあまた具して来にけり。いとありがたきことなれば、親しき踈(うと)き、喜びを言ふ。かかれどまた、「喜ばず」と言ひて、これも驚く気色なし。

かくて、この馬あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、翁が子、いま出で来り、馬に乗りて落ちて、右の腕(かひな)を突き折りて、聞く人、また驚き問ふにも、なほ、「悔ひず」と言ひて、気色変はらず。

さるほどに、にはかに国に戦(いくさ)おこりて、兵(つはもの)を集め1)られけるに、国の内にさもある者、残りなく戦に出でて、みな死にけり。この翁が子、片輪なるによりて、この中に漏れにければ、片手は折れたれども、命は全(また)かりけり。

これ、かしこきためしに言ひ伝へたり。唐土のことなれども、いささかこれを記せり。

翻刻

もろこしに北叟といふ翁ありけりかしこくつよき
馬をなんもちたりけるこれを人にもかしわれも
つかひつつ世をわたるたよりにしける程にこのむま
いかかしたりけんいつちともなくうせにけりききわた
る人いかはかりなけくらんとおもひてとふらひけれ
はくひすとはかりいひてつゆもなけかさりけりあや/s562l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/562

しとおもふ程にこの馬おなしさまなる馬をあまた
くしてきにけりいとありかたきことなれはしたし
きうときよろこひをいふかかれと又よろこはすといひ
てこれもおとろくけしきなしかくて此馬あま
たをかひてさまさまにつかふあひたに翁か子いまいて
きたり馬にのりてをちて右のかひなをつき
おりてきく人またおとろきとふにも猶くひすと
いひてけしきかはらすさるほとににはかに国に
いくさをこりてつは物をはつめられけるにくに
のうちにさもあるもののこりなくいくさにいてて
みなしにけりこの翁か子かたはなるによりて/s563r
このなかにもれにけれはかたてはおれたれとも
いのちはまたかりけりこれかしこきためしにいひ
つたへたりもろこしのことなれともいささかこれ
をしるせり/s563l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/563

1)
「集め」は底本「はつめ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju722.txt · 最終更新: 2021/02/03 22:14 by Satoshi Nakagawa