ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju708

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

708 安貞のころ伊予国矢野保のうちに黒島といふ島あり・・・

校訂本文

安貞のころ、伊予国矢野保のうちに、黒島といふ島あり。人里より一里ばかり離れたる所なり。かしこに、「かつらはざまの大工」といふ網人(あみびと)あり。「魚を引かむ」とて、うかがひ歩(あり)きけるに、魚のある所夜光りて見ゆるに、かの島のほとりの磯ごとに、おびたたしく光りければ、喜びて網を下ろして引きたりけるに、魚はつやつやなくて、そこばくの鼠を引き上げて侍りけり。その鼠、引き上げられて、みなちりぢりに逃げ失せにけり。大工、あきれてぞありける。不思議のことなり。

すべてかの島には、鼠満ち満ちて、畠の物などをもみな食ひ失なひて、当時までもえ作りえ侍らぬとかや。陸(くが)にこそあらめ、海の底まで鼠の侍らんこと、まことに不思議にこそ侍れ。

翻刻

安貞の比伊与国矢野保のうちに黒嶋といふしま
あり人里より一里はかりはなれたる所なりかし
こにかつらはさまの大工といふあみ人あり魚をひか
むとてうかかひありきけるに魚のある所夜るひか/s550l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/550

りてみゆるに彼嶋のほとりの磯ことにをひたた
しくひかりけれはよろこひてあみをおろして引たり
けるに魚はつやつやなくてそこはくのねすみを引
あけて侍けりそのねすみひきあけられてみな
ちりちりににけうせにけり大工あきれてそありける
ふしきの事也すへて彼嶋にはねすみみちみち
て畠の物なとをもみなくひうしなひて当時ま
てもえつくりえ侍らぬとかやくかにこそあらめ海の
底まてねすみの侍らん事まことにふしきに
こそ侍れ/s551r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/551



text/chomonju/s_chomonju708.txt · 最終更新: 2021/01/26 18:34 by Satoshi Nakagawa