ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju673

古今著聞集 魚虫禽獣第三十

673 右近少将広継朝臣大宰少弐になりて・・・

校訂本文

右近少将広継朝臣1)、大宰少弐になりて、天平十二年、宰府2)に下りたりけるに、十月のころ、郭中に一声につづけて七声いばゆる馬の声聞こえけるを尋ねて、高直に買ひ取りて、いたはり飼ひければ、竜馬にてぞありける。

それに乗りて、午刻よりかみには都府の政(まつりごと)にしたがひ、午時より後には朝家の公事をぞ勤めける。一千五百里の道を時の間に通ひける、直人(ただびと)にはあらず。つひにかの少将は神となりて、鏡の尊廟3)とぞ申すなる。昔の館、かの社のほどにてなん侍るとぞ。

翻刻

右近少将広継朝臣太宰少弐になりて天平十二年
宰府にくたりたりけるに十月の比郭中に一声につつ
けて七声いはゆる馬のこゑきこえけるを尋て高
直に買とりていたはりかひけれは龍馬にてそありける
それに乗て午尅よりかみには都府の政にしたかひ午
時より後には朝家の公事をそつとめける一千五百
里の道を時のまにかよひける直人にはあらすつゐ
に彼少将は神と成て鏡の尊庙とぞ申なるむかし/s527l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/527

の館かの社のほとにてなん侍るとそ/s528r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/528

1)
藤原広嗣
2)
太宰府
3)
鏡神社


text/chomonju/s_chomonju673.txt · 最終更新: 2021/01/12 21:40 by Satoshi Nakagawa