ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju654

古今著聞集 草木第二十九

654 長元元年十二月二十二日昭陽舎の桜を一本清涼殿東北の庭に移し・・・

校訂本文

長元元年十二月二十二日、昭陽舎の桜を一本、清涼殿東北の庭に移し植ゑられけるに、殿上人ども下り立ちて、踏み固めけり。いと興あることなり。

昔はかやうにあちこち掘りわたし、また初めても植ゑけり。近ごろは限りある木のほかは、植ゑらるることもなきにや。

翻刻

長元々年十二月廿二日昭陽舎の桜を一本清涼
殿東北の庭にうつしうへられけるに殿上人ともを
りたちてふみかためけりいと興ある事也むか
しはかやうにあちこちほりわたし又はしめてもうへ
けりちか比は限ある木の外はうへらるる事もなきにや/s515l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/515



text/chomonju/s_chomonju654.txt · 最終更新: 2021/01/02 21:30 by Satoshi Nakagawa