ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju648

古今著聞集 草木第二十九

648 貞信公棗を愛して参りけり・・・

校訂本文

貞信公1)、棗(なつめ)を愛して参りけり。式部卿親王2)の 家に、良き棗の木ありけり。その木をおろし枝にせられて、手づからみづから花山院の北の対の西の妻の庭前に植ゑ給ひけり。これによりて、その木さうなき名木にていまだあり。

花山院太政大臣3)の三位中将の時、法性寺殿4)摂政にて、六条坊門烏丸の御亭より土御門内裏へ参らせ給ふには、近衛東洞院は便路なれば、もつともこの大路をこそ通らせ給ふべきに、いかにもよけさせ給ひけり。おのづからこの大路を過ぎさせ給ふとては、東洞院西の四足をは過ぎて、その棟門の前にては、御車の簾を下ろされ、前駆以下を馬より下ろされけり。人怪しみて、その子細を尋ね申しければ、「時の摂政、三位中将を敬ふにあらず。かの亭に、貞信公のまさしく手づから植ゑ給へる名木あり。よつて、かれに礼をいたすなり。このこと、京極大殿5)つぶさにしめし給ふむね分明なり」とぞ仰せられける。

また、池の中島にもちの木あり。貞保親王6)の木の下に巌上に座し給ひて、常に笛を吹かせ給ひけり。また四面の築地(ついぢ)の上には、瞿麦(なでしこ)をひしと植ゑられたりければ、花の盛りには色々さまざまにて、錦を山に覆へるに似たり。これによりて花山の号はありと申すめる、まことにや。

翻刻

貞信公なつめをあいしてまいりけり式部卿親王の
家によきなつめの木ありけり其木ををろし枝
にせられて手つから身つから花山院の北対の西
の妻の庭前にうへ給けりこれによりて其木左
右なき名木にていまたあり花山院太政大臣の三
位中将の時法性寺殿摂政にて六条坊門烏丸の
御亭より土御門内裏へまいらせ給には近衛東/s509r
洞院は便路なれは尤この大路をこそとをらせ給
へきにいかにもよけさせ給けりをのつからこの大路を
すきさせ給とては東洞院西の四足をはすきてそ
の棟門の前にては御車の簾ををろされ前駆以下
を馬よりをろされけり人あやしみてその子細を
尋申けれは時の摂政三位中将をうやまうにあら
す彼亭に貞信公のまさしく手自うへ給へる名
木あり仍かれに礼をいたす也此事京極大殿
つふさにしめし給旨分明也とそ仰られける又池
の中嶋にもちの木あり貞保親王の木の下に
巌上に座し給て常に笛をふかせ給けり又四面

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/509

ついちのうへには瞿麦をひしとうへられたりけれは
花のさかりには色々さまさまにて錦を山におほへるに
似たりこれによりて花山の号はありと申める
まことにや/s510r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/510

1)
藤原忠平
2)
醍醐天皇皇子重明親王
3)
藤原忠雅
4)
藤原忠通
5)
藤原師実
6)
清和天皇皇子


text/chomonju/s_chomonju648.txt · 最終更新: 2020/12/28 21:59 by Satoshi Nakagawa