ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju631

古今著聞集 飲食第二十八

631 中御門左大臣家へ大外記頼業は常に参じけり・・・

校訂本文

中御門左大臣家1)へ、大外記頼業2)は常に参じけり。参るたびごとに、必ず瓶子一肴を座の前に置かれければ、しばし公事の物語申しては、みづからかたぶけて飲みつつ、終日祗候しけり。まかり出でざまに、障子のかみ辺にて、「あはれ一の上や」と、たびごとに申しける、いと興あることなり。

翻刻

中御門左大臣家へ大外記頼業はつねに参じけり
まいるたひことに必瓶子一肴を座の前にをかれ
けれはしはし公事の物語申てはみつからかたふけてのみ/s493l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/493

つつ終日祗候しけりまかりいてさまに障子のかみ辺
にてあはれ一上やとたひことに申けるいと興ある事也/s494r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/494

1)
藤原経宗
2)
清原頼業


text/chomonju/s_chomonju631.txt · 最終更新: 2020/12/09 13:52 by Satoshi Nakagawa