ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju628

古今著聞集 飲食第二十八

628 仲胤僧都法勝寺御八講に遅く参りたりければ追ひ出だされて・・・

校訂本文

仲胤僧都、法勝寺御八講に遅く参りたりければ、追ひ出だされて、院1)の御気色悪しくて、こもりゐたりけるに、次の年の春、人のもとより辛夷(こぶし)の花を送りたりけるを見て詠める、

  くび突かれ頭かかへて出でしかどこぶしの花のなほ痛きかな

翻刻

仲胤僧都法勝寺御八講にをそくまいりたりけれは
追出されて院の御気色あしくてこもりゐたりける
に次年の春人のもとよりこふしの花をおくりたり
けるを見てよめる
 くひつかれ頭かかへていてしかとこふしの花のなをいたきかな/s493r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/493

1)
鳥羽上皇


text/chomonju/s_chomonju628.txt · 最終更新: 2020/12/02 22:47 by Satoshi Nakagawa