ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju623

古今著聞集 飲食第二十八

623 法性寺殿元三に皇嘉門院へ参らせ給ひたりけるに・・・

校訂本文

法性寺殿1)、元三(くわんざん)に皇嘉門院2)へ参らせ給ひたりけるに、御果物を参らせられたりけるに、おこしごめを取らせ給ひて、参るよしして御口のほどに当てて、握り砕かせ給ひたりければ、御上の衣(きぬ)の上に、はらはらと散りかかりけるを、うち払はせ給ひたりける、いみじくなん侍りける。

翻刻

法性寺殿元三に皇嘉門院へまいらせ給たりけるに
御くた物をまいらせられたりけるにをこしこめをとらせ
給てまいるよしして御口のほとにあててにきりくた
かせたまひたりけれは御うへのきぬのうへにはらはらと/s491r
ちりかかりけるをうちはらはせ給たりけるいみしく
なん侍ける/s491l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/491

1)
藤原忠通
2)
崇徳天皇中宮藤原聖子


text/chomonju/s_chomonju623.txt · 最終更新: 2020/11/29 12:42 by Satoshi Nakagawa