ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju614

古今著聞集 飲食第二十八

614 寛弘三年三月四日東三条より一条院に行幸ありけり・・・

校訂本文

寛弘三年三月四日、東三条より一条院に行幸1)ありけり。まづ家の賞を行なはれて後、御作文・管絃などありけり。

また盃酌の興もありけり。内大臣2)、御盃を奉らる。中納言俊賢卿3)、御銚子をとる。左府4)、天盃を賜はりて、例のごとく土器(かはらけ)を移して飲みて、南階を下りて拝舞(はいむ)ありけり。池辺の桜の枝を折りて、西階を上りて袖を翻して警蹕(けいひつ)を構へて、主上に奉りたりけり。その後、人々のかざしもありけり。

翻刻

寛弘三年三月四日東三条より一条院に行幸あり
けり先家の賞をおこなはれて後御作文管絃なと/s488r
有けり又盃酌の興もありけり内大臣御盃をた
てまつらる中納言俊賢卿御銚子をとる左府天盃
をたまはりて例のことくかはらけをうつしてのみて南
階をおりて拝舞ありけり池辺の桜の枝をお
りて西階をのほりて袖を翻て警蹕を構て主上
にたてまつりたりけり其後人々のかさしもありけり/s488l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/488

1)
一条天皇の行幸。
2)
藤原公孝
3)
源俊賢
4)
藤原道長


text/chomonju/s_chomonju614.txt · 最終更新: 2020/11/24 16:30 by Satoshi Nakagawa