ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju597

古今著聞集 変化第二十七

597 久安四年の夏のころ法勝寺の塔の上に夜ながめける歌・・・

校訂本文

久安四年の夏のころ、法勝寺の塔の上に、夜ながめける歌、

  われ去なば誰またここに代はりゐむあな定めなの夢の枕や

天狗などのながめ侍りけるにや。

翻刻

久安四年の夏の比法勝寺の塔のうへに夜なかめける哥
 われいなはたれ又ここにかはりゐむあなさためなの夢の枕や
天狗なとの詠侍けるにや/s470l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/470



text/chomonju/s_chomonju597.txt · 最終更新: 2020/11/11 18:40 by Satoshi Nakagawa