ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju594

古今著聞集 変化第二十七

594 天慶八年五日夜宣陽建秋両門の間に馬二万ばかり音しけり・・・

校訂本文

天慶八年五日夜、宣陽1)・建秋2)両門の間に、馬二万ばかり音しけり。内裏引き入るるほど数刻を経けり。左近の脇の陣に候ひける近衛・左兵衛の吉上(きちじやう)、みなこれを聞きけり。始めは馬のおとなひなりけるが、後にはまた人数百人がおとなひにて聞こえける。

同じき十日朝にまた、紫宸殿の前の桜の下より永安門まで、鬼の足跡、馬の足跡など多く3)見えけり。

昔はかかること常にありけるにこそ。

翻刻

天慶八年五日夜宣陽建秋両門のあいたに馬二
万はかりをとしけり内裏引いるる程数剋をへけり
左近脇陣に候ける近衛左兵衛の吉上みなこれを
ききけりはしめは馬の音なひなりけるか後には又人
数百人かをとなひにてきこえける同十日朝に又紫宸
殿の前の桜の下より永安門まて鬼のあしあと馬
のあし跡なとおほえ見えけり昔はかかる事常にあり
けるにこそ/s469r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/469

1)
宣陽門
2)
建春門の誤りか。
3)
「多く」は底本「おほえ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju594.txt · 最終更新: 2020/11/10 01:20 by Satoshi Nakagawa