ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju568

古今著聞集 興言利口第二十五

568 将軍入道殿はじめて上洛の時清水の橋を渡されけるに・・・

校訂本文

将軍入道殿1)、はじめて上洛の時、清水の橋を渡されけるに、いづれの武者の分にてかありけん、白き直垂(ひたたれ)着たる男の、たけだち・事柄さる体なるが奉行してありけるが、文(ふみ)を見て立ちたりけるを、若き女房の清水詣でする者と見えたるが、この男のもとへ立ち寄りて言ひかけける、

  たぢろぐか渡しも果てでふみ見るは

と言へりけるを、この男、付けんずる気色(きそく)にて、しばしうち案じけるが、この心や回らざりけむ、大声を出だして、「いかに、将軍の渡らせ給ふ橋をば、たぢろぐかとは」と、とがめければ、恐しくて足早に去りにけり。

翻刻

将軍入道殿はしめて上洛の時清水の橋をわたされ
けるにいつれの武者の分にてかありけん白き
ひたたれきたる男のたけたちことからさる体なるか
奉行してありけるかふみを見て立たりけるを
わかき女房の清水まうてする物と見えたるか
此男のもとへ立よりていひかけける
 たちろくかわたしもはててふみみるはといへりけるを
此男つけんするきそくにてしはしうちあんしけるか此心
やまはらさりけむおふこゑを出ていかに将軍の渡/s448l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/448

らせ給ふ橋をはたちろくかとはととかめけれはおそ
ろしくてあしはやにさりにけり/s449r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/449

1)
藤原頼経


text/chomonju/s_chomonju568.txt · 最終更新: 2020/10/25 18:33 by Satoshi Nakagawa