ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju553

古今著聞集 興言利口第二十五

553 あるひらあしだ名僧ありけり・・・

校訂本文

あるひらあしだ名僧1)ありけり。地を一部、主(ぬし)持ちたりけり。それに人をすゑて地子を取り侍けるが、打口一丈あまりに、ある古尼公をすゑたり。

この僧、ある所の仏供養の導師に請ぜられて出づとて、かの尼公を呼びて言ひけるやうは、「説経の貴くなりぬる2)は、聴聞の者みな泣くなり。しもおほせぬことは3)泣くことなし。今日の説法に、もし泣く人なからんは、当座の恥なるべし。わ尼公、聴聞のみぎりに進みて必ず泣くべし。かつは地殿の公事(くじ)と思ふべし」と言ひふくめて出でぬ。

この地殿の仰せ、のがれがたくて、聴聞の志はなけれども、かの仏事の所へ行きぬ。ことよくなりて、導師、高座に上(のぼ)りて、鐘打ち鳴らすより、この此尼鳴たちたり。ただ今説経したることもなきに、あまりにとく泣きたりければ、導師、「悪しく泣くものかな」と思ひて、見返りて、じらりとにらみければ、尼、「少なく泣くと思ひてにらむ」と心得て、いよいよ泣きまさりけり。導師、「こはいかに」と思ひて、ますますにらみければ、尼公、細声(ほそこゑ)を出だして、「さも候はずとよ。わづかなる地一丈あまりが候ふ公事には、これに過ぎてはいかにと泣き候はんぞと言ひたりける。人々、「はあ」と笑ひけり。

翻刻

或ひらあした名僧ありけり地を一部主もちたり
けりそれに人をすへて地子をとり侍けるか打
口一丈あまりにあるふる尼公をすへたり此僧或所
の仏供養の導師に請せられていつとて彼尼公
をよひていひけるやうは説経のたうなりぬるは
聴聞の物みな鳴なりしもおほせぬとは鳴ことなし
けふの説法にもし鳴人なからんは当座のはちなる
へしわ尼公聴聞の砌にすすみて必鳴へしかつは/s440l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/440

地殿の公事とおもふへしといひふくめていてぬ
此地殿の仰のかれかたくて聴聞の志はなけれとも
彼仏事の所へゆきぬことよくなりて導師高
座にのほりてかね打ならすより此尼鳴たちたり
只今説経したる事もなきにあまりにとく鳴たり
けれは導師あしく鳴物かなと思て見かへりてしら
りとにらみけれは尼すくなく鳴とおもひてにらむ
と心えていよいよ鳴まさりけり導師こはいかに
とおもひてますますにらみけれは尼公ほそこゑを
いたしてさも候はすとよわつかなる地一丈あまりか候
公事にはこれに過てはいかにと鳴候はんそといひ/s441r
たりける人々はあとわらひけり/s441l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/441

1)
「平足駄名僧」か。
2)
「貴くなりぬる」は底本「たうなりぬる」。諸本により訂正。
3)
「ことは」は底本「とは」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju553.txt · 最終更新: 2020/10/21 23:00 by Satoshi Nakagawa