ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju548

古今著聞集 興言利口第二十五

548 しきりにたけ高き女とことにたけ低かりける男寝たりけるに・・・

校訂本文

しきりにたけ高き女と、ことにたけ低(ひき)かりける男、寝たりけるに、女の股のほどに男の顔ありて侍りけり。

男寝覚めて、おのが口の女の前のほどにあたりたりけるを、「顔ぞ」と思ひて、「あさましの御口の香(か)の臭さや」と言へりければ、女もまた寝ぼけて、男の口ぞとは思ひ寄らで、「外(と)の人の言ふぞ」と心得てなむ、「そのとなり、さかしらぞ」と答へたりける。

をかしかりけることなり。

翻刻

しきりにたけたかき女とことにたけひきかり/s434r
ける男ねたりけるに女のまたのほとに男のか
ほありて侍けり男ねさめてをのか口の女の
まへのほとにあたりたりけるをかほそとおも
ひてあさましの御口のかのくささやといへりけれは
女も又ねほけて男のくちそとは思よらて外人
のいふそと心えてなむそのとなりさかしらそと
こたへたりけるをかしかりける事也/s434l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/434



text/chomonju/s_chomonju548.txt · 最終更新: 2020/10/17 18:36 by Satoshi Nakagawa