ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju528

古今著聞集 興言利口第二十五

528 同じ院の侍の長に兵庫助則定といふ者ありけり・・・

校訂本文

同じ院1)の侍の長に、兵庫助則定といふ者ありけり。むげに年若き者にて侍りけるが、侍の雑仕に小松とて六十ばかりなる老女を最愛しけり。

傍輩(はうばい)ども笑ひて、「小松まき、小松まき」と言ひけるほどに、ある台盤所にて、女房さぶらひを召して、「こまつなぎ、きつときつと参らせよ」と仰せられけるを、この小侍、ものさはがしう聞きて、「『小松まき、きつと参れ』と仰せらるるぞ」と心得て、思ひもかけぬ兵庫助を召して参りたりければ、「こは何事ぞ」と仰せければ、「さも候はず。『小松まき、きと参らせよ』と仰せ候へば、召して参りて候ふぞかし」と申しける、をかしかりけることかな。

翻刻

同院の侍長に兵庫助則定といふ物ありけりむけに
としわかきものにて侍けるか侍の雑仕に小松とて六十
斗なる老女を最愛しけり傍輩ともわらひて小松
まき小松まきといひける程にある台盤所にて女房さふらひ/s420r
をめしてこまつなき急度急度まいらせよと仰られける
を此小侍物さはかしう聞て小松まき急度まいれと
仰らるるそと心えて思もかけぬ兵庫助をめして
まいりたりけれはこは何事そと仰けれはさも候はす
小松まききとまいらせよと仰候へはめしてまいりて候
そかしと申けるをかしかりける事かな/s420l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/420

1)
高倉天皇皇女範子内親王。527参照


text/chomonju/s_chomonju528.txt · 最終更新: 2020/10/03 15:33 by Satoshi Nakagawa