ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju522

古今著聞集 興言利口第二十五

522 皇太后宮大夫俊成卿最勝光院の花見侍りけるついでに・・・

校訂本文

皇太后宮大夫俊成卿1)、最勝光院の花見侍りけるついでに、「御堂開けさせて拝まむ」とて、あづかりを尋ねけるが、遅く来たれば、「いかに」と重ねて言はするに、「鍵を求め失なひて」と答へけるを聞きて、何となく口ずさみに、

  鍵預かるもじやうの大事にや

と言はれたりけるを、こともなき女房のありけるがうち聞きて、とりもあへず、

  あけくれはさせることなきものゆゑに

と付けたりける。

たはぶれにても俊成卿の言ひ出だしたることに、肝太くぞ付けける。女はなほ恐しきものなり。

翻刻

皇太后宮大夫俊成卿最勝光院の花見侍けるつゐてに
御堂あけさせておかまむとてあつかりを尋けるかをそく
きたれはいかにとかさねていはするにかきをもとめうしな
ひてとこたへけるをききてなにとなく口すさみに
 かきあつかるもしやうの大事にやといはれたりけるを
こともなき女房のありけるかうちききてとりもあへす
 あけくれはさせることなきものゆへにと付たりけるた
はふれにても俊成卿のいひいたしたる事にきもふとくそ
付ける女はなをおそろしきものなり/s416l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/416

1)
藤原俊成


text/chomonju/s_chomonju522.txt · 最終更新: 2020/09/26 12:28 by Satoshi Nakagawa