ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju518

古今著聞集 興言利口第二十五

518 秦兼任貧しかりけるころただ独り従者を持ちたりけり・・・

校訂本文

秦兼任、貧しかりけるころ、ただ独り従者を持ちたりけり。

後白河院1)の御時、召次長(めしつぎのをさ)になされたりけるに、一門の者ども、悦びに集ひけるに、兼任、年比の独り従者を召し出だしければ、「いかほどの目にあはんずらむ」と、人々いみじく見けるに、兼任は大力なりけるが、走り立ちて、この独り従者を踏み伏せて、髻(もとどり)を切りてけり。

親しき者ども、「いかに」とあさみければ、「年ごろ、ただ独り召し使ひつるに、ふてごとどもして、やすからず覚えしかども、『勘当してはいかにせむぞ」と、思ひねんじて過ぎ侍りぬ。『ただ今こそ、日ごろの腹をばすゑ侍らめ』とて、かくし侍るぞかし」とぞ言ひける。

さはしながら、また、「年ごろを忘るべきやうなし」とて、召次一番の所を取らせてけり。

翻刻

秦兼任まつしかりける比たた独従者をもちたりけり/s412r
後白河院の御時召次長になされたりけるに一門の物
とも悦につとひけるに兼任年比の独従者を召いた
しけれはいか程の目にあはんすらむと人々いみしく
みけるに兼任は大力なりけるかはしりたちて此
ひとり従者をふみふせてもととりをきりてけり
したしきものともいかにとあさみけれはとし比たた
独召つかひつるにふてことともしてやすからすお
ほえしかとも勘当してはいかにせむそとおもひねん
してすき侍ぬたたいまこそ日来の腹をはすへ侍ら
めとてかくし侍そかしとそいひけるさはしなから又年
比をわするへきやうなしとて召次一番の所をとらせて/s412l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/412

けり/s413r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/413

1)
後白河上皇


text/chomonju/s_chomonju518.txt · 最終更新: 2020/09/23 23:21 by Satoshi Nakagawa