ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju439

古今著聞集 偸盗第十九

439 ある所に強盗入りたりけるに弓取りに法師を立てたりけるが・・・

校訂本文

ある所に強盗入りたりけるに、弓取りに法師を立てたりけるが、秋の末つかたのことにて侍りけるに、門のもとに柿の木のありける下(した)に、この法師1)片手矢はげて立ちたる上より、うみ柿の落ちけるが、この弓取りの法師が頂(いただき)に落ちてつぶれて、さむざむに散りぬ。

この柿のひやひやとして当たるをかいさぐるに、何となく濡れ濡れとありけるを、「はや射られにけり」と思ひて、臆してけり。かたへの輩(ともがら)に2)言ふやう、「はやく痛手を負ひて、いかにも延ぶべくも覚えぬに、この頸打て」と言ふ。「いづくぞ」と問へば、「頭を射られたるぞ」と言ふ。さぐれば、何とは知らず3)、濡れわたりたり。手に赤く物付きたれば、「げに血なりけり」と思ひて、「さらんからにけしうはあらじ、引き立てて行かん」とて、肩にかけて行くに、「いやいや、いかにも延ぶべくも覚えぬぞ。ただはや頸を切れ」と、しきりに言ひければ、言ふにしたがひて打ち落しつ。

さて、その頭(かしら)を包みて、大和国へ持ちて4)行く。この法師が家に投げ入れて、「しかじか言ひつること」とて取らせたりければ、妻子、泣き悲しみて見るに、さらに矢の跡なし。「むくろに手ばし負ひたりけるか」と問ふに、「しかにはあらず。この頭のことばかりをぞ言ひつる」と言へば、いよいよ悲しみ悔ゆれどもかひなし。

臆病はうたてきものなり。さほどの心ぎはにて、かくほどの振舞ひしけん5)愚かさこそ。

翻刻

或所に強盗入たりけるに弓とりに法師をたて
たりけるか秋の末つかたのことにて侍けるに
門のもとに柿木のありけるしたに此比しかた
て矢はけて立たるうへよりうみ柿のおちけ
るかこの弓とりの法師かいたたきにおちてつ/s336r
ふれてさむさむにちりぬ此柿のひやひやとして
あたるをかいさくるになにとなくぬれぬれとあり
けるをはや射られにけりとおもひてをくして
けりかたへの輩云やうはやくいたてを負ていか
にものふへくも覚ぬにこの頸うてといふいつくそと
問へは頭をいられたるそといふさくれはなにとは
しらせぬれわたりたり手にあかく物つきたれ
はけに血なりけりとおもひてさらんからにけしうは
あらしひきたててゆかんとて肩にかけて行に
いやいやいかにものふへくもおほえぬそたたはやく
ひをきれと頻にいひけれはいふにしたかひてうち/s336l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/336

おとしつさてそのかしらをつつみて太和国へもりて
行く此法しか家になけ入てしかしかいひつる
こととてとらせたりけれは妻子なきかなしみて
見るにさらに矢の跡なしむくろに手はしおひた
りけるかととふにしかにはあらすこのかしら
の事はかりをそいひつるといへはいよいよかなしみ
悔れともかひなしをくひやうはうたてきものなり
さ程の心きわにてかく程のふるまゐしゆん
おろかさこそ/s337r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/337

1)
「法師」は底本「比し」。諸本により訂正。
2)
底本「に」なし。諸本により訂正。
3)
「知らず」は底本「しらせ」。諸本により訂正
4)
「持ちて」は底本「もりて」。諸本により訂正。
5)
「しけん」は底本「しゆん」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju439.txt · 最終更新: 2020/06/28 11:48 by Satoshi Nakagawa