ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju405

古今著聞集 画図第十六

405 絵師大輔法眼賢慶御の弟子になにがしとかやいふ法師ありけり・・・

校訂本文

絵師大輔法眼賢慶の御弟子に、なにがしとかやいふ法師ありけり。賢慶逝去の後、後家と不快になりて、相論のことありけり。

六波羅に訴へけれども、ことゆかで、ほど経ければ、この法師、絵もさかしく書ける者にて、件(くだん)の後家がありさま・振舞ひを、始めより書きあらはしてけり。間男して会合したる所など、さまざまに描きて、えもいはず色どりて、詞(ことば)付けて、六波羅へ持ちて行きて、奉行の者どもに見せければ、訴訟をことに執(しふ)し申さんの心はなかりけれども、絵その興あるによりて、とかくもてさまよふほどに、両国司までも見て、訴訟の旨(むね)くわしく心得ほどきにけり。さて、つひに勝ちにけり。

件の法師、摂津国宇出荘にいまだあり。

翻刻

絵師大輔法眼賢慶御弟子になにかしとかやいふ法
師ありけり賢慶逝去の後後家と不快に成て相
論の事ありけり六波羅に訴へけれとも事ゆかて程
へけれは此法師絵もさかしく書けるものにて件の後
家かありさまふるまひを始より書あらはしてけりま男して/s304l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/304

会合したる所なとさまさまにかきてえもいはす色とり
て詞付て六波羅へもちて行て奉行のものともにみせ
けれは訴訟をことに執申さんの心はなかりけれとも
絵其興あるによりてとかくもてさまよふ程に両国司
まてもみて訴訟の旨くわしく心得ほときにけり
さてつゐに勝にけり件法師摂津国宇出庄に
いまたあり/s305r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/305



text/chomonju/s_chomonju405.txt · 最終更新: 2020/05/24 03:05 by Satoshi Nakagawa