ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju397

古今著聞集 画図第十六

397 後白河院の御時年中行事を絵に描かれて・・・

校訂本文

後白河院1)の御時、年中行事を絵に描かれて、御賞翫(ごしやうくわん)のあまり、松殿2)へ進ぜられたりけり。

細かに3)御覧じて、僻事(ひがごと)ある所々に押紙(おしがみ)をして、その誤りを御自筆にて注(しる)し付けて、返進せられたりけるを、法皇御覧じて、絵を描き直さるべきに、勅定に、「これほどの人の自筆にて押紙したる、いかがはなち捨てて絵を直すことあるべき。このことによりて、この絵すでに重宝となりたり」とて、さながら蓮華王院の宝蔵にこめられにけり。その押紙、今にあり。いといみじきことなり。

翻刻

後白川院御時年中行事を絵にかかれて御賞翫
のあまり松殿へ進せられたりけりこまにに御覧して
僻事ある所々に押紙をしてそのあやまりを御自/s300r
筆にてしるしつけて返進せられたりけるを法皇御
覧して絵をかきなをさるへきに勅定にこれ程
の人の自筆にて押紙したるいかかはなちすてて絵
をなをす事あるへき此事によりて此絵すてに重
宝となりたりとてさなから蓮華王院の宝蔵に
籠られにけりそのをし紙今にありいといみしき事
なり/s300l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/300

1)
後白河法皇
2)
藤原基房
3)
「細かに」は底本「こまにゝ」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju397.txt · 最終更新: 2020/05/19 22:30 by Satoshi Nakagawa