ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju386

古今著聞集 画図第十六

386 花山法皇書写上人の徳を尊び給ふあまり絵師を召し具して・・・

校訂本文

花山法皇、書写上人1)の徳を尊び給ふあまり、絵師を召し具して、かの山2)にのぼらせ給ひて、御対面の間に、絵師といふことをば隠して、上人の形をよく見せて、隠れにて写させられけり。

その時、山響き地動きければ、法皇、驚き思し召しける御心を知りて、「これは性空が形を写し給ふゆゑに、なゐのふり候ふなり」と申されければ、いよいよ信おこさせ給ひけり3)

さて、聖の御顔に、いささか痣(あざ)のおはしけるを、絵師、見落して書かざりけるを、なゐのふりける騒ぎに、筆を落としかけたりけるが、そこにしも筆落ちて、墨付きたりけるが、痣にたがはずなん侍りければ、みな人不思議のことなん思へりける。

件(くだん)の影、今にかの山の宝蔵にありとなん。

翻刻

花山法皇書写上人の徳をたうとひ給あまり
絵師を召具して彼山にのほらせ給て御対面の
間に絵師といふ事をはかくして上人の形をよく/s293r
みせてかくれにて写させられけり其時山ひひき
地うこきけれは法皇おとろきおほしめしける
御心を知てこれは性空かかたちをうつし
給ゆへにないのふり候也と被申けれは弥信
おこせ給けりさて聖の御顔にいささかあさ
のをはしけるを絵師見おとしてかかさりけ
るをないのふりけるさはきに筆をおとし
かけたりけるかそこにしも筆落て墨つき
たりけるかあさにたかはすなん侍けれはみな
人ふしきの事なんおもへりける件の影
いまに彼山の宝蔵にありとなん/s293l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/293

1)
性空
2)
書写山
3)
「おこさせ給ひけり」は底本「おこせ給けり」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju386.txt · 最終更新: 2020/05/15 17:45 by Satoshi Nakagawa