ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju368

古今著聞集 馬芸第十四

368 坊門大納言左衛門督にて侍りける時建暦の御禊の行幸に・・・

校訂本文

坊門大納言(忠信1))、左衛門督にて侍りける時、建暦の御禊(ごけい)の行幸に、一六といふ馬に乗りて供奉せられたりけるに、二条宝町にて、院2)の御桟敷の前の幔、風に吹き上げられたりけるに驚きて、御桟敷の東より引きて走りけるを、馬副(うまぞひ)引きまろばかされて、馬を捨ててけり。留めけるほどに、轡(くつわ)も切れにけるに、しづかに靴を3)片足づつ脱ぎ捨てて、襪(したうづ)ばかりにて、鐙(あぶみ)を踏みおほせて後、馬の鼻をかきて、二条烏丸なる桟敷の前にてとどめられにけり。見る者、目を驚かしけり。その桟敷、ゆかりありける人にて、急ぎ轡をはげて奉りけり。

すべて御禊には、などやらん、馬より落つるためし多く侍り。よくよく慎むべきことにや。

かの大納言、片野の御狩も同じ馬に乗りて、鹿につきて馳せけるほどに、鹿、淀川に入りければ、馬も4)続きて入りにけり。乗る人、川に沈みて見えざりければ、上下驚きあさみあへりけるほどに、しばしありて、物の具・水干・袴、みな浮き出でたりけり。その後、裸にて泳ぎ上がりけり。水の底にて、のどかに脱ぎ解かれけり。水練のほどめでたかりけり。かやうの用意にや、かねて褌(たふさぎ)をなんかかれたりける。

この馬に乗りて、ふたたび高名せられたりける。くせごとになん申しあへりける。

翻刻

坊門大納言忠信左衛門督にて侍ける時建暦の御禊
行幸に一六といふ馬に乗て供奉せられたりけるに二
条宝町にて院の御桟敷の前の幔風に吹上られたり
けるにおとろきて御桟敷の東よりひきて走りけるを/s269l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/269

馬副引まろはかされて馬をすててけり留めける程に
轡も切にけるにしつかに靴かたあしつつぬきすてて
韈はかりにて鐙をふみおほせて後馬のはなをかき
て二条烏丸なる桟敷の前にてととめられにけり見る
物目をおとろかしけり其桟敷ゆかりありける人にて
いそき轡をはけてたてまつりけりすへて御禊に
はなとやらん馬よりおつるためしおほく侍りよくよく
つつしむへき事にや彼大納言片野の御狩もおなし
馬に乗て鹿に付て馳けるほとに鹿淀川に入けれ
は馬につつきて入にけり乗人川にしつみて見えさり
けれは上下おとろきあさみあへりけるほとにしは/s270r
しありて物具水干袴みな浮出たりけり其後
はたかにてをよきあかりけり水の底にてのとかに
ぬきとかれけり水練のほとめてたかりけりかやうの
用意にやかねてたうさきをなんかかれたりける
此馬に乗て二たひ高名せられたりけるくせ事に
なん申あへりける/s270l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/270

1)
藤原忠信
2)
後鳥羽上皇
3)
底本「を」なし。諸本により補う。
4)
「馬も」は底本「馬に」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju368.txt · 最終更新: 2020/05/07 11:14 by Satoshi Nakagawa