ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju365

古今著聞集 馬芸第十四

365 一条の二位入道のもとに高名の跳ね馬出で来たりけり・・・

校訂本文

一条の二位入道1)のもとに、高名の跳ね馬出で来たりけり。秦頼久を召して乗せられたりけるに、ひとたまりもせず跳ね落とされけるを、父敦頼が七十有余にて候ひけるが、これをみて、「悪(わろ)くつかうまつるものかな。敦頼はよも落ちじ」とぞ申しけるを、「老後にいかが」とは入道思ひながら、「さらば乗れかし」と言はれたりければ、やがて乗りて、少しも落ちざりけり。

人々、目を驚かしけり。

翻刻

一条二位入道のもとに高名のはね馬出来りけり秦
頼久をめしてのせられたりけるにひとたまりもせす
はねおとされけるを父敦頼か七十有余にて候けるか
是をみてわろくつかうまつる物かな敦頼はよも落
しとそ申けるを老後にいかかとは入道おもひなから
さらはのれかしといはれたりけれはやかて乗てす
こしも落さりけり人々目を驚しけり/s266l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/266

1)
藤原能保


text/chomonju/s_chomonju365.txt · 最終更新: 2020/05/05 23:19 by Satoshi Nakagawa