ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju320

古今著聞集 好色第十一

320 左大弁宰相経頼卿前の妻の腹に最愛の小女ありけるを・・・

校訂本文

左大弁宰相経頼卿1)、先の妻の腹に最愛の小女ありけるを、車に乗せて行幸を見物すとて、供奉の人の中に、「いづれか殿(との)にせんずる」と言ひて、人ごとに、「これは」と問ひければ、みな頭(かしら)を振りけるに、隆国卿(宇治大納言)2)のわたるを見て、「これをせん」と言ひければ、「まことにこれに過ぎたる人はあらじ」と思ひて、聟に取りてけり。

北の方、「わが女(むすめ)には、隆国よりも良からん人をあはせよ」と責めければ、それよりまさらん人はありがたければ、才学につきて資仲卿3)をあはせてけり。かの卿、しきりに隆国を争ひ思ひけれども、昇進及ばず、その子息にて隆俊卿4)にさへ従上の四位の所は越えられにけり。隆俊中納言の時は、資仲卿はいまだ蔵人頭にだにもならざりけり。

翻刻

左大弁宰相経頼卿さきの妻の腹に最愛の小女あり
けるを車にのせて行幸を見物すとて供奉の人の中に
いつれかとのにせんするといひて人ことにこれはと問けれは
みなかしらをふりけるに隆国卿(宇治大納言)のわたるを見てこれをせんと
いひけれはまことにこれに過たる人はあらしと思て聟に
とりてけり北方わかむすめには隆国よりもよからん人を/s220l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/220

あはせよとせめけれはそれよりまさらん人はありかたけれは
才学につきて資仲卿をあはせてけり彼卿しきりに隆
国をあらそひ思けれとも昇進をよはすその子息にて
隆俊卿にさへ従上の四位の所は越られにけり隆俊中
納言の時は資仲卿はいまた蔵人頭にたにもならさりけり/s221r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/221

1)
源経頼
2)
源隆国
3)
藤原資仲
4)
源隆俊


text/chomonju/s_chomonju320.txt · 最終更新: 2020/04/18 18:57 by Satoshi Nakagawa