ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju311

古今著聞集 孝行恩愛第十

311 昔元正天皇の御時美濃国に貧しく賤しき男ありけり・・・

校訂本文

昔、元正天皇(女帝。文武姉・草壁皇子子女)の御時、美濃国に、貧しく賤しき男ありけり。老いたる父を持ちたりけるを、この男、山の木草を取りて、その価(あたひ)を得て、父を養ひけり。この父、朝夕あなかちに酒を愛(め)で欲しがりければ、なりひさごといふ物を腰に付けて、酒売る1)家にのぞみて、常にこれを乞ひて父を養ふ。

ある時、山に入りて薪を取らんとするに、苔深き石に滑りて、うつぶしにまろびたりけるに、酒の香のしければ、思はずにあやしくて、そのあたりを見るに、石の中より水流れ出づる所あり。その色酒に似たりければ、汲みて舐むるに、めでたき酒なり。嬉しく覚えて、その後、日々これを汲みて、飽くまで父を養ふ。

時に御門、このことを聞こし召して、霊亀三年九月日、その所へ行幸ありて、叡覧ありけり。「これすなはち至孝のゆゑに、天神地祇あはれみて、其徳をあらはす」と感ぜさせ給ひて、美濃守になされにけり。家豊かになりて、いよいよ孝養の心深かりけり。

その酒の出づる所を、養老の滝と名付けられけり。これによりて、同じき十一月に、年号を養老と改められけるとぞ。

翻刻

昔元正天皇(女帝文武姉草壁皇子子女)の御時美濃国にまつしく賤き男有けり
老たる父をもちたりけるを此男山の木草をとりてその
あたひをえて父を養けり此父朝夕あなかちに酒を愛
ほしかりけれはなりひさこといふ物を腰につけてさけたる
家にのそみて常にこれをこひて父をやしなふ或時山に/s213l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/213

入て薪をとらんとするに苔ふかき石にすへりてうつふしに
まろひたりけるに酒の香のしけれは思はすにあやしく
てそのあたりをみるに石の中より水なかれ出る所あり其
色酒に似たりけれは汲てなむるにめてたき酒なりうれ
しく覚て其後日々これをくみて飽まて父をやし
なふ時に御門此事をきこしめして霊亀三年九月日其
所へ行幸ありて叡覧ありけりこれ則至孝の故に天神
地祇あはれみて其徳をあらはすと感せさせ給て美濃守
になされにけり家ゆたかに成ていよいよ孝養の心ふかかり
けり其酒のいつる所を養老瀧と名つけられけりこれにより
て同十一月に年号を養老とあらためられけるとそ/s214r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/214

1)
「売る」は底本「たる」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju311.txt · 最終更新: 2020/04/16 23:46 by Satoshi Nakagawa