ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju300

古今著聞集 術道第九

300 後鳥羽院御熊野詣ありけるに陰陽頭在継を召し具せられけるに・・・

校訂本文

後鳥羽院1)、御熊野詣(みくまのまうで)ありけるに、陰陽頭在継2)を召し具せられけるに、毎日の御所作に千手経3)をあそばされける、件(くだん)の御経を御経筥に入れられたりけるを、取り出だされけるに、その御経見えず。

いかに求むれども無かりければ、在継を召して占はせられけるに、いかにも失せざるよしを申して、「なほよくよく求めらるべし。あやまりて、いまだ箱の中に候ふものを」と申しけり。その後、また求められければ、御経筥の蓋、軸つまりて付きたりけるを、え見ざりけり。

叡感ありて、御衣(おんぞ)を賜はせけるとなん。

翻刻

後鳥羽院御熊野詣ありけるに陰陽頭在継をめし
くせられけるに毎日御所作に千手経をあそはされ
ける件の御経を御経筥に入られたりけるをとりいた
されけるにその御経見えすいかにもとむれともなかり
けれは在継をめしてうらなはせられけるにいかにもうせ/s209l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/209

さるよしを申てなをよくよくもとめらるへしあやまり
ていまた箱の中に候ものをと申けりその後又もと
められけれは御経筥の蓋軸つまりてつきたり
けるをえ見さりけり叡感ありて御衣を給はせ
けるとなん/s210r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/210

1)
後鳥羽天皇
2)
賀茂在継
3)
千手陀羅尼経


text/chomonju/s_chomonju300.txt · 最終更新: 2020/04/13 23:36 by Satoshi Nakagawa