ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju299

古今著聞集 術道第九

299 野宮左府幼くおはしける時母儀さまをやつして具し奉りて・・・

校訂本文

野宮左府(公継)1)幼くおはしける時、母儀、さまをやつして具し奉りて、播磨の相人とて、名誉の者ありけるに行きて、相せさせられけり。

相人、よくよく見申して、必ず一の上(かみ)に至り給ふべきよしを申しけり。母儀、あらがひて、「これは、さほどの位に至るべき人にあらず。侍(さぶらひ)ほどの者の子にて侍るなり」とのたまひければ、相人、申しけるは、「まことに侍にておはしまさば、検非違使などになり給ふべきにや。いかにも大臣の相おはしますものを」と申しけり。

後徳大寺左大臣2)の末の子にておはしけるが、このかみみな失せ給ひて、家を継ぎて、大将を経て、左大臣従一位に至りて、天下の権をとり給ひける。ゆゆしく相し申したりけるなり。

このことを、大臣(おとど)聞きたもち給ひて、相を習ひて、めでたくし給ひけるとぞ。わが寿限などをも、鏡を見て相して、かねて知り給ひたりけるとぞ。

翻刻

野宮左府(公継)おさなくをはしける時母儀さまをやつし
てくしたてまつりて播磨の相人とて名誉のもの
ありけるにゆきて相せさせられけり相人よくよく見
申て必一上にいたり給へきよしを申けり母儀あらか
ひてこれはさほとの位にいたるへき人にあらす侍ほと
のものの子にて侍也とのたまひけれは相人申けるは
まことに侍にてをはしまさは検非違使なとになり給
へきにやいかにも大臣の相をはします物をと申けり/s209r
後徳大寺左大臣のすゑの子にてをはしけるかこのかみ
みなうせ給て家をつきて大将をへて左大臣従一位
にいたりて天下の権をとり給けるゆゆしく相し
申たりける也此事をおととききたもち給て相を
ならひてめてたくし給けるとそわか寿限なとをも
鏡を見て相して兼てしり給たりけるとそ/s209l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/209

1)
藤原公継・徳大寺公継
2)
藤原実定


text/chomonju/s_chomonju299.txt · 最終更新: 2020/04/13 23:21 by Satoshi Nakagawa