ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju296

古今著聞集 術道第九

296 陰陽師吉平医師雅忠と酒を飲みけるに・・・

校訂本文

陰陽師吉平(晴明子)1)、医師雅忠2)と酒を飲みけるに、雅忠、盃を取りて受けて、しばし持(も)たりけるを、吉平見て、「御酒(みき)とく参り給へ。ただ今なゐのふり候はんずるぞ」と言ひけり。

その言葉たがはず、やがてふりければ、酒がぶときて、こぼれにけり。ゆゆしくぞ、かねて言ひける。

翻刻

陰陽師吉平(晴明子)医師雅忠と酒をのみけるに雅忠
盃をとりてうけてしはしもたりけるを吉平みてみきと
くまいり給へ只今ないのふり候はんするそといひけり
其こと葉たかはすやかてふりけれは酒かふときてこほれ
にけりゆゆしくそかねていひける/s207l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/207

1)
安倍吉平
2)
丹波雅忠


text/chomonju/s_chomonju296.txt · 最終更新: 2020/04/13 11:56 by Satoshi Nakagawa