ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju264

古今著聞集 管絃歌舞第七

264 楽所預小監物源頼能は上古に恥ぢさる数寄の者なり・・・

校訂本文

楽所預(がくしよのあづかり)小監物源頼能は、上古に恥ぢさる数寄の者なり。玉手信近1)にしたがひて横笛を習ひけり。

信近は南京2)にあり。頼能、その道の遠きをいとはず、あるいは隔日に向ひ、あるいは二・三日を隔てて行く。信近、ある時には教へ、ある時は教へずして、遠路をむなしく帰る折もありけり。

ある時は、信近、菰田(こもだ)にありて、その虫を払ひければ、頼能もしたがひて、朝より夕に至るまで、もろともに払ひけり。さて帰らんとする時、たまたま一曲を授けけり。ある時はまた、大豆を刈る所に至りて、またこれを刈る。刈り終りて後、鎌の柄をもて笛にして教へけり。

かくして、その業をなせるものなり。さらに下問を恥ぢず、貴賤を論ぜず訪学しけり。天人楽(てんじんらく)をば、八幡宮寺の橋の上にて、大童子に習ひたるとぞ言ひ伝へたる。

頼能は博雅三位3)の墓所を知りて、時々参向して、拝しける。まことによく数寄たるゆゑなり。

翻刻

楽所預小監物源頼能は上古に恥さる数寄の者也玉手
信近に順て横笛を習けり信近は南京にあり頼能其
道の遠きをいとはす或は隔日にむかひ或は二三日を隔て
ゆく信近ある時にはおしへある時は教すして遠路をむな
しく帰おりもありけりあるときは信近菰田にありてその
虫をはらひけれは頼能もしたかひて朝より夕に至まて
もろともにはらひけりさて帰らんとする時適一曲を授/s175r
けりある時は又大豆を苅所にいたりて又これを苅
かりおわりて後鎌の柄をもて笛にしておしへけりかく
して其業をなせる物也さらに下問をはちす貴賤を
論せす訪学しけり天人楽をは八幡宮寺の橋上
にて大童子にならひたるとそいひつたへたる頼能は博雅
三位の墓所をしりて時々参向して拝しけるまことに
よく数寄たるゆへなり/s175l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/175

1)
玉手延近
2)
奈良
3)
源博雅


text/chomonju/s_chomonju264.txt · 最終更新: 2020/04/02 19:27 by Satoshi Nakagawa