ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju213

古今著聞集 和歌第六

213 解脱上人のもとに信濃といふ僧ありけり・・・

校訂本文

解脱上人1)のもとに、信濃といふ僧ありけり。いまいましきえせ者にてなん侍りけれども、上人、慈悲によりて置かれたりけれども、思ひあまりてや、硯(すずり)の蓋(ふた)に歌を書かれたりける、

  恐しや信濃生みけむははきぎのそのはらさへにうとましきかな

この僧、この歌を見て、あからさまに立ち出づるやうにて、長く失せにけり。さすがに恥はありげにこそ。

翻刻

解脱上人のもとに信濃といふ僧ありけりいまいましきゑせ
ものにてなん侍けれとも上人慈悲によりてをかれたりけれとも/s151r
思あまりてや硯のふたに哥をかかれたりける
 おそろしや信濃うみけむははききのそのはらさへにうとましき哉
この僧此哥をみてあからさまに立いつるやうにてなかくうせ
にけりさすかに恥はありけにこそ/s151l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/151

1)
貞慶


text/chomonju/s_chomonju213.txt · 最終更新: 2020/03/17 21:57 by Satoshi Nakagawa