ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju198

古今著聞集 和歌第六

198 醍醐の桜会に童舞おもしろき年ありけり・・・

校訂本文

醍醐の桜会(さくらゑ)に童舞(わらべまひ)おもしろき年ありけり。源運といふ僧、その時少将公とて、見目(みめ)もすぐれて、舞ひもかたへにまさりて見えけるを、宇治の宗順阿闍梨見て、思ひあまりけるにや、あくる日、少将公のもとへ言ひやりける、

  昨日見し姿の池に袖濡れてしぼりかねぬといかで知らせん

少将公1)、返事、

  あまた見しすがたの池の影なれば誰(たれ)ゆゑしぼる袂(たもと)なるらむ

と言へりける、時にとりてやさしかりけり。

中院の僧正2)、見物し給ひけるが、これを聞きて、「いみじ」と思ひしめて、同じ入道右府3)に対面し給ひけるついでに、このことを語り出で給ひて、「やさしくこそ覚え侍りしか」とありければ、入道殿、「歌は覚えさせ給はじ」とのたまひけるを、「そればかりはなどか」とて、「少将公がもとへ宗順阿闍梨つかはし侍りし、『昨日見しにこそ袖は濡れしか』と詠めるに、少将公、『荒涼(くわうりやう)にこそ濡れけれ』とぞ返して侍りし」と語り給ひけるに、たへがたくおかしく思しけれど、さばかりの生仏(いきぼとけ)のねんごろに言い出で給ひけることなれば、忍び給ひけるなん、ずちなくおはしけり。

和歌の道は顕密知法4)にもよらざりけりと、なかなかいと尊し。昔の遍昭、今の覚忠・慈円などには似給はざりけるにや。

翻刻

醍醐の桜会に童舞おもしろき年ありけり源運といふ/s142r
僧その時少将公とてみめもすくれて舞もかたへにまさりて
みえけるを宇治宗順阿闍梨みて思あまりけるにやあくる
日少将公のもとへいひやりける
 昨日みしすかたの池に袖ぬれてしほりかねぬといかてしらせん
少将返事
 あまたみしすかたの池の影なれはたれゆへしほるたもとなるらむ
といへりける時にとりてやさしかりけり中院僧正見物し給
けるかこれをききていみしと思しめて同入道右府に対面し給
けるつゐてに此事をかたりいて給てやさしくこそおほえ
侍しかとありけれは入道殿哥はおほえさせ給はしとのたまひ
けるをそれはかりはなとかとて少将公かもとへ宗順阿闍梨/s142l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/142

つかはし侍しきのふみしにこそ袖はぬれしかとよめるに少将公
荒涼にこそぬれけれとそ返して侍しとかたり給けるに堪か
たくおかしくおほしけれとさはかりのいき仏のねんころにいひ
いて給けることなれはしのひ給けるなんすちなくおはしけり
和哥の道は顕蜜知法にもよらさりけりと中々いとたうと
し昔の遍昭いまの覚忠慈円なとには似たまはさりける
にや亭子院鳥養院にて御遊ありけるにとりかひといふこと/s143r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/143

1)
底本「公」なし。諸本により補う。
2)
定遍
3)
源雅定
4)
「顕密」は底本「顕蜜」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju198.txt · 最終更新: 2020/03/14 17:46 by Satoshi Nakagawa