ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju167

古今著聞集 和歌第六

167 伊通公の参議の時大治五年十月五日の除目に参議四人・・・

校訂本文

伊通公1)の参議の時、大治五年十月五日の除目(ぢもく)に、参議四人、師頼2)・長実3)・宗輔4)・師時5)等、中納言に任ず。

これみな位次(ゐじ)の上臈なりといへども、伊通その恨みにたへず、宰相・右兵衛督・中宮大夫、三つの官(つかさ)を辞して、檳榔毛(びらうげ)の車を大宮おもてに引き出だして、破り焚きて後、褐(かち)の水干にさよみの袴着て、馬に乗りて神崎の君がもとへおはしけり。今は官(つかさ)もなきいたづら者6)になれるよしなり。

また、年ごろ借り置かれたりける蒔絵の弓を、中院入道右府(雅定)7)のもとへ返しやるとて、

  八年(やとせ)まで手慣らしたりし梓弓(あづさゆみ)返るを見てもねは泣かれけり

返し

  何かそれ思ひ捨つべき梓弓また引き返す折もありなむ

かかりければ、この返事の歌の8)ごとく9)、ほどなく長承二年九月に、前参議より中納言になられにけり。宇治大納言隆国前中納言10)、大納言になられける例(ためし)とて、その後うち続き昇進して、太政大臣まで昇り給ひにき。

これは世も今少しあがり、人も才能いみじかりけるゆゑなり。かやうの例はまれなることなれば、今のうちあるたぐひ、学びがたかるべし。おほかたは二条院讃岐が歌を

  憂きもなほ昔のゆゑと思はずはいかにこの世を恨み果てまし

と詠める、ことわり11)にかなへるにや。

翻刻

伊通公の参議のとき大治五年十月五日の除目に参議
四人師頼長実宗輔師時等中納言に任すこれみな
位次上臈なりといへとも伊通その恨にたへす宰相右兵衛
督中宮大夫三のつかさを辞して檳榔毛の車を大宮
おもてにひき出てやふりたきて後褐水干にさよみの袴
きて馬に乗て神崎の君かもとへおはしけり今はつかさも/s124l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/124

なきいたらものになれるよし也又とし比かりをかれたりける
蒔絵の弓を中院入道右府(雅定)のもとへ返しやるとて
 八年まて手ならしたりし梓弓かへるをみてもねはなかれけり
返し
 なにかそれ思すつへきあつさ弓又ひきかへすおりもありなむ
かかりけれは此返事哥ことくは程なく長承二年九月に
前参議より中納言になられにけり宇治大納言隆国前中
納言大納言になられける例とて其後うちつつき昇進
して大政大臣まてのほり給にきこれは世も今すこしあかり
人も才能いみしかりける故也かやうのためしはまれなる
事なれはいまのうちあるたくひまなひかたかるへし大かたは/s125r
二条院讃岐か哥を
 うきも猶昔のゆへと思はすはいかにこの世をうらみはてまし
とよめることくにかなへるにや/s125l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/125

1)
藤原伊通
2)
源師頼
3)
藤原長実
4)
藤原宗輔
5)
源師時
6)
「いたづら者」は底本「いたらもの」。諸本により訂正。
7)
源雅定
8)
底本「の」なし。諸本により補う。
9)
「ごとく」は底本「ことくは」。諸本により訂正。
10)
源隆国
11)
「ことわり」は底本「ごとく」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju167.txt · 最終更新: 2020/03/01 13:06 by Satoshi Nakagawa