ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju158

古今著聞集 和歌第六

158 平治元年二月二十五日御方違へのために押小路殿に行幸ありけり・・・

校訂本文

平治元年二月二十五日、御方違へのために押小路殿1)に行幸2)ありけり。透廊(すいらう)にて、夜もすがら御遊(ぎよいう)ありけるに、女房の中より、硯蓋に紅(くれなゐ)の薄様を敷きて、雪をもちて出だされたるに、和歌を付けたりける。

  月影のさえたる折の雪なれば今宵は春も忘れぬるかな

返し

  くまもなき月の光のなかりせば今宵のみゆきいかでかは見ん

翻刻

平治元年二月廿五日御方違のために押少路殿に行幸/s119l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/119

ありけり透廊にて夜もすから御遊ありけるに女房の
中より硯蓋にくれなゐの薄様をしきて雪をもちて
いたされたるに和哥をつけたりける
 月影のさえたるおりの雪なれはこよひは春もわすれぬる哉
返し
 くまもなき月の光のなかりせはこよひのみゆきいかてかは見ん/s120r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/120

1)
「押小路殿」は底本「押少路殿」。諸本により訂正。
2)
二条天皇の行幸。


text/chomonju/s_chomonju158.txt · 最終更新: 2020/02/27 22:31 by Satoshi Nakagawa