ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju145

古今著聞集 和歌第六

145 花山院御ぐしおろさせ給ひて後・・・

校訂本文

花山院1)、御ぐしおろさせ給ひて後、叡山より下らせ2)給ひけるに、東坂本の辺に、紅梅のいとおもしろう咲きたりけるを、立ちとどまらせ給ひて、しばし御覧ぜられけり。惟成弁入道3)、御供に候ひけるが4)、「王位を捨てて御出家あるほどならば、これ体(てい)のたはぶれたる御振舞ひは、あるまじき御事に候ふ」と申し侍りければ、詠ませ給うける、

  色香をば思ひもいれず梅の花常ならぬ世によそへてぞ見る

翻刻

花山院御くしおろさせ給て後叡山よりくたせ給けるに
東坂本の辺に紅梅のいとおもしろうさきたりけるを立
ととまらせ給てしはし御らんせられけり惟成弁入道御/s112r
ともにかけ給か王位をすてて御出家ある程ならは
これ体のたはふれたる御振舞はあるましき御事に
候と申侍けれはよませ給うける
 色香をは思もいれす梅花つねならぬ世によそへてそみる/s112l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/112

1)
花山天皇
2)
「下らせ」は底本「くたせ」。諸本により訂正。
3)
藤原惟成
4)
「候ひけるが」は底本「かけ給か」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju145.txt · 最終更新: 2020/02/21 13:55 by Satoshi Nakagawa