ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju133

古今著聞集 文学第五

133 ある人連句のたびごとに想像花陽洞と定まれることに言ひけり・・・

校訂本文

ある人、連句のたびごとに、「想像花陽洞(想像花陽の洞)」と定まれることに言ひけり。ある日、人々寄り合ひたりけるに、かの人、案のごとく、またこの句を言ひたりけるを、素俊法師1)、とりもあへず、「左存松子亭2)」と言ひたりけり。満座、興に入りて腸を切りけるとぞ。

この素俊は連句の上手なりけり。

 春調春鶯囀 春に調ぶ春鶯囀

 古聞古鳥蘇 古に聞く古鳥蘇

 琵琶称牧馬 琵琶は牧馬を称す

 羯鼓3)習泉狼 羯鼓は泉狼を習ふ

これらも素俊が秀句とぞ申し侍る。

翻刻

或人連句のたひことに想像花陽洞とさたまれる
ことにいひけり或日人々よりあひたりけるにかの人
案のことく又此句をいひたりけるを素俊法師とりも
あへす左(サ)存(ソンシタリ)松子亭といひたりけり満座興に入
て腸をきりけるとそこの素俊は連句上手なりけり
春調春鶯囀 古聞古鳥蘇 琵琶称牧馬
鞁皷習泉狼これらも素俊か秀句とそ申侍る/s101l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/101

1)
橘家季
2)
底本「左存」に「サソンシタリ」と読み仮名。「さ存じたりしようしてい」と読み、「松子」と「笑止」を懸けている。
3)
「羯鼓」は底本「鞁皷」


text/chomonju/s_chomonju133.txt · 最終更新: 2020/02/18 14:02 by Satoshi Nakagawa