ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju111

古今著聞集 文学第五

111 蒼波路遠雲千里白霧山深鳥一声・・・

校訂本文

 蒼波路遠雲千里 蒼波路遠くして雲千里

 白霧山深鳥一声 白霧山深くして鳥一声

この句は橘直幹が秀句にて侍るを、奝然上人入唐の時、「わが作なり」と称しけり。ただし、「雲千里」と侍るを「霞千里」と改め、「鳥一声」をば「虫一声」と直したりけるを、唐人聞きて、「佳句にて侍る。おそらくは、雲千里、鳥一声と侍らば良かりなまし」とぞ言ひける。

さしもの上人の、いかに虚言(そらごと)をばせられけるにか1)。このことおぼつかなし。

翻刻

蒼波路遠雲千里白霧山深鳥一声此句は橘直
幹か秀句にて侍を奝然上人入唐の時わか作なりと
称しけり但雲千里と侍を霞千里とあらため鳥一声
をは虫一声となをしたりけるを唐人ききて佳句にて
侍るおそらくは雲千里鳥一声と侍らはよかりなま
しとそいひけるさしもの上人のいかにそらことをは/s90r
せられけるわかこの事おほつかなし/s90l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/90

1)
「にか」は底本「わか」。諸本により訂正。


text/chomonju/s_chomonju111.txt · 最終更新: 2020/02/05 23:00 by Satoshi Nakagawa