ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju078

古今著聞集 政道忠臣第三

78 後朱雀院の御時旬に参りたりける上達部を御覧じて・・・

校訂本文

後朱雀院1)の御時、旬(しゆん)に参りたりける上達部を御覧じて、次の日、資房卿2)の蔵人頭なりけるを召して、「昨日、公卿の装束を御覧ぜしかば、もつてのほかに袖大きになりにたり。かくては世の費えなるべし。『いかがせんずる』と右大臣(実資)3)のもとへ言ひ合はすべし」と勅(みことのり)ありければ、すなはち申されければ、大臣(おとど)申給ひけるは、「みなの公卿に、このよしを承りて、かしこまり申さば、さすがに、『老大臣御気色かぶりたる』と聞こえば、人も直り侍りなむ」とはからひ申されければ、その定(ぢやう)に披露ありて、右府閉門してかしこまるよしをせられければ、人みな聞き恐れて、装束の寸法すべられけり。

翻刻

後朱雀院の御時旬にまいりたりける上達部を
御覧して次日資房卿の蔵人頭なりけるをめして
昨日公卿の装束を御覧せしかは以外に袖大になり
にたりかくては世のついへなるへしいかかせんすると/s74l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/74

右大臣(実資)のもとへいひあはすへしとみことのりありけれは
すなはち申されけれはおとと申給けるはみなの公卿に
このよしをうけたまはりてかしこまり申さはさすかに老
大臣御気色かふりたるときこえは人もなをり侍な
むとはからひ申されけれはその定に披露ありて右
府閉門して畏よしをせられけれは人みなききお
それて装束の寸法すへられけり/s75r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/75

1)
後朱雀天皇
2)
藤原資房
3)
藤原実資。「実資」は底本傍書。


text/chomonju/s_chomonju078.txt · 最終更新: 2020/01/28 12:23 by Satoshi Nakagawa