ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju044

古今著聞集 釈教第二

44 寛忠僧都は寛平法皇の孫兵部卿淳固親王の子・・・

校訂本文

寛忠僧都(池上僧正と号す)は寛平法皇1)の孫、兵部卿淳固親王の子、法 皇入室、石山内供2)の受法灌頂の弟子なり。行業積り霊験すぐれたる人なり。千日の護摩を修し侍りける間は、護法、香の火を置きけり。

また、たびたび孔雀経の法に霊験を施せり。なかんづく、彗星反怪に、行じてその光を切るのよし、あまねく人口にあり。

翻刻

寛忠僧都(号池上/僧正)は寛平法皇孫兵部卿淳固親王子法
皇入室石山内供受法灌頂弟子也行業つもり霊験
すくれたる人なり千日護摩を修し侍ける間は護法
香の火を置けり又度々孔雀経の法に霊験を施
せり就中彗星反怪行切其光之由あまねく人口にあり/s41r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/41

1)
宇多天皇
2)
淳祐


text/chomonju/s_chomonju044.txt · 最終更新: 2020/01/12 18:11 by Satoshi Nakagawa