ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju026

古今著聞集 神祇第一

26 俊乗房東大寺建立の願を発してその祈請のために大神宮に詣でて・・・

校訂本文

俊乗房、東大寺建立の願を発して、その祈請のために大神宮1)に詣でて、内宮に七箇日参籠、七日満つ夜の夢に、宝珠を給はると見侍りけるほどに、その朝、袖より白珠落ちたりけり。目出たく忝(かたじけな)く思ひて、包みて持ちて出でぬ。

さて、また外宮に七日参籠、前(さき)のごとく、七日満つ夜の夢に、また前のごとく珠を給はられけり。末代といへども、信力の前に神明感応を垂れ給ふこと、かくのごとし。

その珠、一つは御室にありけり。一つは卿二品2)のもとに伝はり侍りける。

夢に、大師、「汝は東大寺造るべき者なり」と示させ給ひける。果してかくのごとし。ただ人にはあらぬなり。

翻刻

俊乗房東大寺建立の願を発してその祈請のために
大神宮にまうてて内宮に七箇日参籠七日みつ夜の夢に/s24l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/24

宝珠を給ると見侍ける程にその朝袖より白珠おち
たりけり目出く忝思てつつみて持て出ぬさて又外
宮に七日参籠さきのことく七日みつ夜の夢に又前
のことく珠をたまはられけり末代といへとも信力のまへに
神明感応を垂給事かくのことし其珠一は御室に
ありけり一は卿二品のもとにつたはり侍ける夢に大師
汝は東大寺つくるへきものなりと示させ給けるはたし
てかくのことしたた人にはあらぬなり/s25r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/25

1)
伊勢神宮
2)
藤原兼子


text/chomonju/s_chomonju026.txt · 最終更新: 2020/01/14 13:17 by Satoshi Nakagawa