ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju010

古今著聞集 神祇第一

10 延久二年八月三日上総国一の宮の御託宣に・・・

校訂本文

延久二年八月三日、上総国一の宮1)の御託宣に、「懐妊の後、すでに三年に及ぶ。今、明王2)の国を治むる時に臨みて、若宮を誕生す」と仰せられけり。

これによりて、海浜を見ければ、明珠一果ありけり。かの御正体に違ふことなかりけり。不思議なることなり。

翻刻

延久二年八月三日上総国一宮の御託宣に懐妊ののち
すてに三年にをよふ今明王の国をおさむる時にのぞ
みてわか宮を誕生すと仰られけりこれによりて海浜
をみけれは明珠一果ありけり彼御正体にたかふことなか
りけりふしきなる事也/s15l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/15

1)
玉前神社
2)
後三条天皇


text/chomonju/s_chomonju010.txt · 最終更新: 2020/01/12 23:35 by Satoshi Nakagawa