ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju007

古今著聞集 神祇第一

7 一条院の御時上総守時重といふ人あり。千部の法華経読誦の願・・・

校訂本文

一条院1)の御時、上総守時重2)といふ人あり。千部の法華経読誦の願、心中に深かりけれども、身貧しくして、僧一人語らふべき計(はからひ)なし。思ひかねて、日吉社に詣でて、二心なく祈り申しけるに、神感ありて、はからざるに上総守になりにけり。任国の最前の得分をもて、千部の経を始めてけり。

其夜の夢に、貴僧枕に来て云はく、「善哉(よきかな)、善哉。汝、一乗の転読企つることを」とて、感涙を流しておはしましけり。時重、「かく仰せられ候ふは、誰にて御座候ふぞ」と、尋ね申しければ、貴僧、「我は一乗の守護、十禅師なり」と答へさせ給ひて、歌をなん詠じ給ひける。

  一乗の御法を保つ人のみぞ三世の仏の師とはなりける

時重、かたじけなく貴く思えて、「生死をば、いかでか離れ候ふべき」と申しければ、

  極楽の道のしるべは身を去らぬ心一つの直きなりけり

さて、帰らせ給ひけるが、立返りて、また詠ぜさせ給ひける、

  朝夕の人の上にも見聞くらんむなしき空の煙とぞなる

無常を悟るべきよしを終りには示して去り給ひにけり。

あはれに貴きことなり。

翻刻

一条院御時上総守時重といふ人あり千部の法花経
読誦の願心中に深かりけれとも身まつしくして僧一
人かたらふへき計なし思かねて日吉社に詣て二/s13r
心なく祈申けるに神感ありてはからさるに上総守に
成にけり任国の最前の得分をもて千部の経
をはしめてけり其夜の夢に貴僧枕に来て云善哉
善哉汝一乗の転読くはたつる事をとて感涙をな
かしておはしましけり時重かく仰られ候は誰にて御坐
候そと尋申けれは貴僧我は一乗の守護十禅師也と
こたへさせ給て謌をなん詠し給ける
  一乗の御法をたもつ人のみそ三世の仏の師とは成ける
時重かたしけなくたうとくおほえて生死をはいかてか
はなれ候へきと申けれは
  極楽の道のしるへは身をさらぬ心ひとつのなをき成けり/s13l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/13

さて帰らせ給けるか立かへりて又詠せさせ給ける
  朝夕の人のうへにも見きくらんむなしき空の煙とそなる
無常をさとるへきよしをおはりにはしめしてさり給
にけりあはれにたうときこと也/s14r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/14

1)
一条天皇
2)
藤原時重


text/chomonju/s_chomonju007.txt · 最終更新: 2020/01/12 23:31 by Satoshi Nakagawa