ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:chomonju:s_chomonju006

古今著聞集 神祇第一

6 北野宰相殿は天神四世の苗裔なり・・・

校訂本文

北野宰相殿1)は、天神2)四世の苗裔(べうえい)なり。円融院の御侍読(じどく)として、道の文誉ゆゆしくおはしましけり。

天元四年に太宰大弐に任じて、同じき五年九月に府に着きて、安楽寺を巡礼し給ひけるに、堂舎数ありといへども、塔婆いまだ見えず。建立の願もとよりありけるによりて、造営を初められけり。

聖廟、悦び思しめしけるゆゑに、永観二年六月二十九日の御託宣に云はく、「大弐の朝臣、兼式部大輔の事、また、希有にして家の面目たり。大弐朝臣、内外共に末孫にして、また信心を存す。造塔写経の大願を発すに依て、我れ、深く信ず。謀を廻らして当任せしむ。暫く他事を停(とど)めて、早くこの願を遂(と)げん。合力を致さんの人々、現世・後生の大願、皆成(なり)て、生々世々因果熟せしめん。云々」。寺家別当松寿、自(みづか)らこれを記す。

都督、いよいよ信心を発して、三年が中(うち)に多宝塔一基を建てて、胎蔵界の五仏を安じ、法華経千部を納め奉る。これを東の御塔と名付く。禅侶を置きて、不退の勤めをいたさる。彼の卿、宰府の間、寺家の仏神事の儀式、寺務のあるべき次第など、委しく記しおかれて、三巻書と名付けて、宝蔵に納めて、今に伝はれり。

秩満の後、都へ帰り給ひて、長徳二年に参議に任じ、寛弘六年十二月に八十五にて失せ給ふ。その後、神と現はれて叢祠を廟壇の傍に開かる。寿永三年三月に贈正二位の加階にあづかり給ひけり。

翻刻

北野宰相殿は天神四世の苗(ヘウ)裔也円融院の御侍読(シトク)
として道の文誉ゆゆしくおはしましけり天元四年
に太宰大弐に任して同五年九月に府(フ)につきて安楽/s12r
寺を巡礼し給けるに堂舎かすありといへとも塔婆い
またみえす建立の願もとより有けるによりて造営
をはしめられけり聖廟悦ひおほしめしける故に永
観二年六月廿九日の御託宣云大弐朝臣兼式部大輔
事又希有為家面目大弐朝臣内外共末孫又存信
心依発造塔写経之大願我深信廻謀令当任暫停
他事早遂此願致合力之人々現世後生之大願皆成
生々世々因果令熟云々寺家別当松寿みつからこ
れを記す都督いよいよ信心を発して三年か中
に多宝塔一基をたてて胎蔵界の五仏を安し
法華経千部をおさめたてまつるこれを東の御塔と/s12l

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/12

名付く禅侶を置て不退のつとめをいたさる彼卿
宰府のあひた寺家の仏神事の儀式寺務の
あるへき次第なとくはしく記しをかれて三巻書と名
付て宝蔵におさめていまにつたはれり秩満の後都へ
帰給て長徳二年に参議に任し寛弘六年十二月に
八十五にてうせ給其後神とあらはれて叢祠を庿壇
の傍にひらかる寿永三年三月に贈正二位の加階に
あつかり給ひけり/s13r

http://kotenseki.nijl.ac.jp/biblio/100190287/viewer/13

1)
菅原輔正
2)
菅原道真


text/chomonju/s_chomonju006.txt · 最終更新: 2020/01/08 21:36 by Satoshi Nakagawa