Recent changes RSS feed

黄表紙

きびょうし

定義

江戸時代に刊行された版本の一ジャンルで、草双紙の一種。同じ草双紙である、赤本青本黒本などと同様、表紙が黄色いため黄表紙という。

黄表紙に先立つ赤本・青本(黒本)は、子供向きの題材を扱ったり、歌舞伎、浄瑠璃などの焼き直しだったりと、文学的価値は高くなかったが、安永四年の恋川春町金々先生栄花夢』の登場により、通人の娯楽の対象となった。

黄表紙(テキスト画像)

rhizome/黄表紙.txt · 最終更新: 2014/04/09 01:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa